Share
collections
資料 (Brochures)

データサイエンティスト・レポート|Teradata Vantageを活用したデータサイエンス

Teradata Vantageを活用したデータサイエンス

データサイエンティストのニーズとして「すぐに分析に取りかかりたい」があります。ところが「ビッグデータ」ということで、データの量も種類も増えていくと、データを集めるという、分析とは直接関係のない作業に時間がかかるようになり、分析のための時間を圧迫するようになるります。

Teradata Vantageを導入することで、データへのアクセスが一元化され、様々な分析を一つの環境で行うことができるようになります。
そうすることでデータを集める時間が削減され、データサイエンティストにとっては分析に専念できる環境が整うことになる。

データサイエンティストの立場からは、このことこそがTeradata Vantageを利用する最大のメリットだと感じられます。

TDJP_DSD_Matsumoto8.png

レポートを読むにはこちら
本レポートは、イベント「Teradata Data Science Day 2018」のセッション内容をベースに構成されています。本セッション資料は、右のフォームよりダウンロードいただけます
 



日本テラデータ株式会社
シニア・データ・サイエンティスト    奈良県立医科大学公衆衛生学講座 博士研究員
松本 伸哉
医学博士取得、20年にわたり日本テラデータ社において、データ分析コンサルティングを担当してきた。バイオ関連の分析や自動車のエンジンなどの分析を担当。

日本テラデータ株式会社
データ・サイエンティスト
Jason Somerville
統計学博士取得、2年にわたり日本テラデータ社において、データ分析コンサルティングを担当してきた。E-Commerce・金融・製造業など幅広い業種における分析の経験あり。