テラデータ、データ分析で顧客の感動体験を実現する クレディセゾンのデジタル戦略を支援

2022年11月28日 | 東京

Teradata VantageCloud on Amazon Web Services(AWS)がデータ基盤としてデータのサイロ化を解決し、システム連携やデータ鮮度の向上、そしてリアルタイムなデータ把握を実現

テラデータNYSE: TDC、以下テラデータ)の日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋 倫二、以下、日本テラデータ)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役()社長執行役員COO:水野克己、以下、クレディセゾン)が統合データ基盤としてテラデータのクラウド・アナリティクス・データプラットフォームTeradata VantageCloud on AWSを採用し、同社のデジタルトランスフォーメーション(クレディセゾン・デジタルトランスフォーメーション:CSDX)の推進に活用していることを発表します。

 

クレディセゾンは、1982 年よりクレジットカードの発⾏を開始し、約 40 年間にわたり、経営理念に 「サービス先端企業」を掲げ、カード業界の常識にとらわれないイノベーティブな発想で新たな商品・サービスを提供しています。約 3,600 万⼈(グループ含む)のクレジットカード会員を有しており、現在は、「Innovative」、「Digital」、「Global」を基本コンセプトに、リアルとデジタルを融合することでカスタマーサクセスの実現を⽬指す「総合⽣活サービスグループ」への進化を⽬指しています。クレディセゾンは、「CSDX VISION」として、「デジタル技術を活用し、現場の社員やお客様がデータを活用し、データから顧客や業務をより正確に理解することで、ビジネスを変革・転換し、期待を超える感動体験を提供する」ことを掲げ、デジタル時代を先導する企業を目指し、全社横断型の DX 推進体制の構築、デジタル人材の育成、および内製化の推進等に取り組んでいます。

 

Teradata VantageCloudは、CSDXを支える統合データ基盤として採用されました。このデータ基盤を含め、クレディセゾンは基幹システムを含む全システムの8割をクラウド化する目標を掲げており、Teradata VantageCloudAWS版が採用されています。分散し、サイロ化していたデータを統合し、膨大な処理を遅滞なく処理する複雑なワークロード管理や、優れたUXでデータの専門家でなくともアクセスし活用できることから、現在は4000人以上のユーザーが使用、20以上のシステムと連携し、非定型検索、定型検索、オンライン検索、バッチ処理などをTeradata VantageCloud on AWSが担っています。

 

クレディセゾンにおけるデータ活用が促進されたことにより、CSDXでは様々な実績が生まれています。例えば、Teradata VantageCloud on AWS とデータ連携を行ったBIツールによるダッシュボードの構築や機械学習モデルなどを活用した不正検知の精度向上といった形で、ビジネスに貢献しています。クレディセゾン 取締役/専務執行役員CTOCIO 小野 和俊氏は、テラデータをデジタル基盤強化にあたってのパートナーとして選んだ理由について、次のように述べています。「私たちがテラデータのサービスやソリューションを活用しているのは、安定性と柔軟性の両方を兼ね備えているからです。スタートアップ出身のメンバーは最新のもの、技術者の間で人気があるものを使いたがる傾向があります。しかし、最終的には安定性や社員の人数、顧客規模、金融機関としての実績と、スピード感やアジリティーも兼ね備えたTeradata VantageCloudを選択しました。また、他社に比べても安定性はもちろんこと、クラウド活用での柔軟性、先進性も兼ね備えているので、テラデータとのパートナーシップは今後ますます重要になると考えています。今回はAWS上で運用していますが、やはりクラウドにタイムリーに対応していることも決め手です。」

 

テラデータは、クレディセゾンのデジタル基盤強化のためのクラウドパートナーとして、同社の機能要件・非機能要件をすべて満たし、AWS上で統合データ基盤を新たに構築、保守コストを最小限に抑え、プロジェクト完了後は高度なデータ分析施策をサポートしています。日本テラデータは、今後もクレディセゾンのパートナーとして、Teradata VantageCloudのマルチクラウド、リニアな拡張性、高可用性、エンタープライズレベルのパフォーマンスと信頼性で、この取り組みを支えてまいります。

 

株式会社クレディセゾンについて

クレディセゾンは、カードビジネスにおけるノウハウや、約3,600万人(連結)の顧客基盤、革新的な商品・サービス、多種多様な提携パートナーなどのリソースを活用し、金融サービスに止まらない多様なフィールドであらゆる個人、法人のお客様に対して 最適なソリューションの提供を行っています。

 

Teradata VantageCloudについて

Teradata VantageCloudは、あらゆるデータおよびアナリティクスのニーズに対応するクラウド・アナリティクス・データプラットフォームです。24時間運用する大規模、ミッションクリティカルなシステムなど、厳しいSLAに応える信頼性、拡張性を提供するEnterprise Editionと部門別、探索的、アドホック分析など、小規模から中規模のデータ・アナリティクスに最適化されているLake Editionを提供します。いずれのEditionでも、自律性とアクセスの容易さ、リアルタイムのインサイトを提供すべく設計されたオープンでコネクテッドなアナリティクスツールライブラリClearScape Analyticsを提供し、大量のデータを有効活用し、複雑なビジネス課題を解決できるインサイトを獲得することを支援します。詳しくはhttps://www.teradata.jp/VantageCloud をご覧ください。

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る