テラデータ、2022 IDC FinTech Rankings Top 100 金融ITサービス企業としてランクイン

2022年10月6日 | サンディエゴ発

3年連続でランクイン、ランキングは7位上昇

 

[2022年9月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

テラデータNYSETDC)は、「2022 IDC FinTech Rankings」で30位に選出され、前年から7アップしたことを発表しました。IDC FinTech Rankingsは、金融サービス業界向けのハードウェア、ソフトウェア、テクノロジーサービスを提供する主要ITサービス企業を対象とし、金融サービスおよびフィンテックに関連する2021年の売上高に基づいてランク付けされます。テラデータは今年で3年連続の選出となり、データ・アナリティクスの力を最大限に活用し、金融機関のデジタル変革を成功に導くための継続的な取り組みが評価されていることを示しています。

 

IDC Financial Insightsは、その年の調査結果に関する包括的なレポートを発行しており、http://www.idc-fi.com から閲覧またはダウンロードすることが可能です。

 

テラデータのチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)ジャクリーン・ウッズは、次のように述べています。「今日のマクロ経済情勢において、金融業界全体がグローバルな規制やコンプライアンス対策、高まるセキュリティ懸念、汎用的な商品から個別対応サービスへの移行に取り組む中で、金融機関にとって、データ・アナリティクスへの新しいアプローチが不可欠となっています。IDC FinTech Rankingsは、データ・アナリティクスのもたらすインサイトによる迅速なデジタル変革により金融ビジネスの未来を実現する上で、テラデータが果たす重要な役割を評価しています。」

 

フォーチュン500スタイルのランキングでは、2021年の売上高と、その売上高のうち銀行、証券会社、保険会社などの金融機関、またはハードウェア、ソフトウェア、サービスを提供するフィンテックソリューションプロバイダーに直接関連する割合に基づいて、金融テクノロジーにおける世界トップのITサービス企業を分類し、評価しています。これらのITサービス企業は、金融サービス業界の技術的なバックボーンを供給しており、IDCは、2025年までに全世界のITへの支出が5900億ドルになると予測しています。

 

世界のトップ20銀行のうち15行を顧客に持つテラデータは、金融サービス分野において高い評価を受けています。新たにリリースした次世代クラウドネイティブアーキテクチャに基づく最初の製品であるTeradata VantageCloud Lakeと、大幅に拡張された業界最先端のIn-Databaseアナリティクス機能であるClearScape Analyticsによって、その評価はさらに高まるでしょう。

 

Teradata VantageCloud Lakeの導入により、金融サービス企業は、小規模なアドホック、探索的、部門別のアナリティクスワークロードを迅速にスピンアップすることでビジネス変革を起こす能力を高めます。また、テラデータが誇る、強力なガバナンスとコストの可視性を提供する使いやすいソリューションで、より迅速に、実験的に、そして革新的に運用することが可能にになります。さらに、ClearScape Analyticsを使用することで、金融サービスのお客様は、複雑なビジネス課題を解決するために大量のデータを迅速に活用し、新たなAI/MLアプリケーション向けに設計された環境を構築することができます。これらのデータ駆動型アプリケーションは、予測、監査、異常検知、実験において、これまで以上に重要なものとなるでしょう。

 

詳しくは、https://www.teradata.jp/VantageCloud をご覧ください。

 

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る