format_quote プレスリリース

テラデータ、マスターデータ管理(MDM)ソリューション「Teradata Master Data Management」を日本で提供開始

共有する
2021年9月29日 | 日本 東京

信頼できる唯一のデータ(Single Source of Truth)を高いコストパフォーマンスで管理

コネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームを提供する、テラデータ(NYSE: TDC、以下テラデータ)の日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋 倫二、以下、日本テラデータ)は本日、企業内に散在するデータを統合管理し、信頼できる唯一のデータ(Single Source of Truth)を管理するマスターデータ管理にソリューション「Teradara Master Data Management(MDM)」の日本での提供開始を発表します。「Teradata MDM」は、テラデータの主力製品であるコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォーム「Teradata Vantage」上に構築するアプリケーションです。

通常、マスターデータ管理ソリューションは、企業内に散在するデータのマスターとなるデータのドメイン情報やマスター項目の内容を示すリファレンスデータを持つマスターデータ用のデータベースを構築する必要があります。しかし、Teradata MDMでは、クラウドやオンプレミスを含む社内のデータを論理的に統合し、透過的にすべてのデータにアクセスすることが可能となるTeradata Vantage上でマスターデータ管理を行うことで、新たにマスターデータ管理用データベースを導入する必要がなくなります。さらに、Teradata Vantageが提供するハイパフォーマンスな並列処理技術と拡張性により、効率的で網羅性の高い一元化されたマスターデータ管理を、高いコストパフォーマンスで実現します。

企業のデジタルトランスフォーメーションが加速する中、企業が持つすべてのデータを用いた、より精度の高いデータ活用、より高度なデータ分析の重要性は高まるばかりです。これを推進するためには、信頼できる唯一のデータ(Single Source of Truth)を管理する、マスターデータ管理を行うことが非常に有用であり、近年需要が高まっています。一方で、データベースやデータレイクの乱立によるデータのサイロ化がマスターデータ管理の高い障害となっています。目的別に設計された各システムは、マスターデータも個別の設計がされ、特にパッケージソフトウェアを利用し構築されたシステムではそれが顕著になります。本来1つであるはずの顧客情報や製品情報などのマスターデータが複数のシステムに存在することで、同一データであるにもかかわらず、参照するシステムごとに内容が異なることで、分析結果の精度や信頼性の低下を招きます。

「Teradata MDM」は、以下の機能を提供することでこの課題を解決します。

  • 社内に散在する複数のシステムを横断したマスターデータ管理
  • データの取得、クレンジング、標準化によるマスターデータの整備
  • 直感的に操作可能なウェブベースのユーザーインターフェースによる管理(データの入力やアップロードによるマスタの登録、承認を行うワークフロ―の実行、メールでのアラート通知など)
  • SOA(サービス指向アーキテクチャ)フレームワークに基づいた優れたワークフローの定義、実行
  • 業務などで日々刻刻と発生するトランザクションデータを管理し、マスターが持つコードセット(リファレンスデータ)やマスターの階層構造を容易に検証
  • 単一ドメインのマスター管理から開始して、マルチドメインのマスターデータ管理まで一つのリポジトリで実現

「Teradata MDM」はこれまで英語版で提供し、海外で多くのお客様に採用され、高い評価を受けています。この度、ユーザーインターフェースをはじめとする主要コンポーネントを日本語化することで、日本のお客様のデータ活用をより強力にサポートさせていただくことが可能となりました。

提供状況

Teradata Master Data Management(日本語版)は現時点で日本国内で販売を開始しています。

Teradata Vantageについて

テラデータの主力製品である「Teradata Vantage」は、すべてのデータに透過的にアクセスし分析できる、すべてを統合するクラウドデータ分析プラットフォームです。エンタープライズレベルのハイパフォーマンス、高可用性、高拡張性を備え、ビジネスに必要なすべてのデータを活用して、データレイク、データウェアハウス、新しいデータソースとタイプを統合、AIやマシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスを実現します。ハイブリッド・マルチクラウド環境で先導し、柔軟性を重視したVantageは、無制限のインテリジェンスを提供して、お客様のビジネスの未来を構築します。詳細は、teradata.jpをご覧ください。

メディアキット 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
テラデータについて 詳細はこちら