format_quote プレスリリース

テラデータとフォルクスワーゲン、車体製造の効率化を実現するスマートファクトリーソリューションを開発

共有する
2021年12月1日 | 米国サンディエゴおよびドイツ・ミュンヘン発

「スポット溶接アナリティクス」がフォルクスワーゲンのエムデン工場をデジタルファクトリーに変えます。フォルクスワーゲン、AWS、そしてテラデータの3社は、このアナリティクス技術をインダストリアルクラウド・コミュニティのパートナーが利用できるようにすることを目指します。

[2021年10月5日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

自動車産業における完全にデジタル化された生産を実現させるには、プロセス、製品、生産機械のデジタルネットワーク化と、データのスマートな利用という2つの重要な要素があります。フォルクスワーゲン・グループ(以下VW)、アマゾン・ウェブ・サービス(以下、AWS)、そしてエンタープライズ・アナリティクス向けコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォーム Teradata Vantageを提供するテラデータ(NYSE:TDC)の3社が協力することにより、この両方の要素を備えたスマートファクトリーソリューション「スポット溶接アナリティクス」の開発に成功しました。このソリューションは溶接ロボットから取得されたデータを統合・分析するもので、車体製造における透明性と効率性を向上させるだけではなく、これまで手付かずだった製造データの潜在的な可能性を引き出すことができます。
 
車体製造における複雑な品質検査手順をスマート化
「スポット溶接アナリティクス」は、VWのエムデン工場ですでに使用されており、車体製造工程をデジタル化された工場に進化させています。この工場では、毎日1,000台以上の自動車が生産されており、車体製造工程の生産機械や溶接ロボットは1日に最大700万個のスポット溶接を行います。スポット溶接は品質と耐久性を保証するために、素材や接合部分の層の厚さ、スポット位置に応じて行われるだけでなく、溶接後の検査も正確に行う必要があります。ロボットがスポット溶接を実施するのに必要な時間はわずか数秒。しかしその後の品質検査には時間がかかります。これは、サンプルをもとに品質検査チームが手作業で検査を行うためです。データを活用して透明性を実現するアプローチには早期検査介入の可能性や、溶接プロセスにおける弱点の迅速な検出から、溶接インフラの動的なメンテナンス、材料の組み合わせの分析まで、広範囲にわたる利点があります。さらに、VWの「スポット溶接アナリティクス」はマニュアル作業を減らすだけでなく、検査範囲を拡張でき、エンドツーエンドのプロセスモニタリングを実現します。
 
VWのエムデン工場でのユースケースのプロジェクトマネージャーを務めるMathias Boomgaarden氏は、「100%のプロセスモニタリングのためにプロセスデータを使用することは、スマートファクトリーに向けた決定的なステップであり、継続的な改善に貢献するさらなるアプリケーションの基礎となるでしょう」と述べています。
 
AIと機械学習により溶接工程における重要なインサイトを取得
このソリューションは、VWの世界最大規模のクラウド生産システム「Volkswagen Industrial Cloud(デジタルプロダクトプラットフォーム)」(以下、同システム)上に構築されています。このプラットフォームのベースサービスである「ベースコネクティビティソリューション」は、同システムにおけるオペレーションテクノロジー(OT)、IT、エンタープライズ層の間のローカル接続を確立するために使用されます。スポット溶接データと追加のメタデータは、AWS上のクラウドデータプラットフォーム「Teradata Vantage」で統合・分析されます。ここでは、分析処理、モデルのトレーニング、データのスコアリングが行われ、他のソースとのデータの結合も行われます。本サービスでは、自己学習・自己強化型の人工知能(AI)や機械学習アルゴリズムを組み込んだ分析モデルを用いて、さまざまなプロセス特性に基づいてデータを分類・精緻化します。その結果、VWの自動車用ボディ設計・生産に従事するエンジニアに、すべてのスポット溶接プロセスの安定性に関する情報が提供されます。このソリューションは、各スポット溶接プロセスの特性に加えて、統合されたメンテナンス方策や材料の組み合わせ、溶接プロセスのパラメータの効果分析をサポートします。
 
インダストリアルクラウド・コミュニティ・パートナーのためのデータ・アナリティクス
同システムは、VWがAWSと協業のもと開発を進めているクラウド生産システムですあり、VWが全世界で運用する全122の生産工場のIT基盤を単一のクラウドに移行し、すべての機械、プラント、システムのデータを結合するオープンIoTプラットフォームの構築を目指します。テラデータは、そのテクノロジーパートナーとしてクラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションを提供し、VWの生産プロセスの最適化と工場の生産性向上の推進をサポートしています。VW、AWS、テラデータの3社は、データ分析技術をインダストリアル・クラウド・コミュニティにとって利用しやすく、拡張性のあるものにしたいと考えています。同システムは、自動車産業や製造業の企業とそのサプライヤーが、パートナーとしてそのサービスやソリューションの恩恵を受けることができる、オープンな業界プラットフォームです。
 
Teradata Vantageについて
テラデータの主力製品である「Teradata Vantage」は、すべてのデータに透過的にアクセスし分析できる、すべてを統合するクラウドデータ分析プラットフォームです。エンタープライズレベルのハイパフォーマンス、高可用性、高拡張性を備え、ビジネスに必要なすべてのデータを活用して、データレイク、データウェアハウス、新しいデータソースとタイプを統合、AIやマシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスを実現します。ハイブリッド・マルチクラウド環境で先導し、柔軟性を重視したVantageは、無制限のインテリジェンスを提供して、お客様のビジネスの未来を構築します。詳細は、teradata.jpをご覧ください。
メディアキット 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
テラデータについて 詳細はこちら