format_quote プレスリリース

住信SBIネット銀行、クラウドデータ基盤にTeradata Vantage on AWSを採用

共有する
2021年9月29日 | 東京発

~AIを活用し「NEOBANK®」のカスタマーエクスペリエンスをさらに向上させるために、データを全社データ基盤に統合、優れたコストパフォーマンスを実現~

コネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームを提供する、テラデータ(NYSE: TDC、以下、テラデータ)の日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋 倫二、以下、日本テラデータ)は、住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭、以下、住信SBIネット銀行)が全社データ基盤にTeradata Vantage on AWSを採用したことを発表します。Teradata Vantage on AWSは、コネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォーム・ソフトウェアTeradata Vantageをクラウドサービスのアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で提供するものです。

住信SBIネット銀行は、2007年9月に開業した三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。インターネット専業銀行の預金残高では国内トップを走ります。経営理念に「最先端の IT を駆使した金融取引システムを安定的に提供すること」を掲げ、ITを駆使したイノベーションによって金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことに取り組み続けています。そうした経営理念のもとフィンテックを積極的に活用し、ブロックチェーン技術を用いた送金アプリ、オンラインによる本人認証(eKYC)を用いた口座開設、AI による金融機関向けの住宅ローン審査など、先進的なサービスを提供しています。また、同行が提供する「NEOBANK®」は、「銀行」という形にこだわらず、「銀行機能」をあらゆる業種に溶け込ませることで、世の中をより便利にする様々なサービスです。決済や預金、貸出などの銀行機能をパートナー企業に提供します。

こうした様々なサービスのさらなる拡充と、それぞれのサービスの競争力強化を図るためには、お客さまにより快適なカスタマーエクスペリエンスを提供することが求められます。そのために、同行ではAIをはじめ最新のアナリティクスを積極的に活用しています。そして、アナリティクスでより精度の高い、より豊かなインサイトを得るためには、正しいデータを準備する必要があります。一方で、データ準備にかかる労力は一つの分析プロセス全体の80%以上を占めるとも言われ、その効率化が求められていました。 住信SBIネット銀行はこの課題を解決するために、データ基盤をクラウドに全面移行し、全社のデータを統合することを決定しました。クラウドにはAWSを選択し、データ基盤ソフトウェアには、増加するデータ量やデータソースへ柔軟に対応し、より大規模にデータ活用を行うために、様々な製品を比較検討した結果、Teradata Vantage on AWSを選択しました。

Teradata Vantage on AWSは、データウェアハウス、データレイクを論理的に統合し、多種多様なデータソース、データタイプに対応することで、データのサイロ化を解消し、透過的、かつ迅速にそれらデータにAI、マシンラーニングをはじめとする最先端のアナリティクス言語・ツールからアクセスすることを可能にします。また、今後も増え続けるデータ、そしてデータを活用するユーザー数に対応するためのリニアな拡張性を提供するとともに、高度なワークロード管理により、確保されたリソースを最大限活用することで、実行されるクエリ当たりのコストを他社に実現できない優れたパフォーマンスで実現しTCO削減にも貢献します。

住信SBIネット銀行常務執行役員システム本部長 木村 紀義氏はテラデータのソリューション採用について、次のように述べています。「当行は、パートナー企業にBaaS(Banking as a Service)を提供するネオバンク事業など、ITを活用してお客様サービスをさらに強化しています。こうしたサービスを拡大するために、AWSのクラウドサービスを活用したアジャイルなサービスプラットフォームの構築を推進しています。今回、クラウド上に全社データの統合基盤を構築することで、データ管理運用コストの削減、データとアナリティクスに関連する業務のシンプル化と効率化を目指しました。これら要件やコストパフォーマンスを比較検討し、Teradata Vantage on AWSが最適であると考え、採用いたしました。データとアナリティクスのさらなる活用により、お客様へのサービス拡充に努めて参ります。」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス統括本部 ISVパートナー本部長 阿部 泰久氏は、次のように述べています。「アマゾン ウェブ サービスはテラデータ様との強固なアライアンスに基づき、AWSの各種サービスとTeradata Vantageの連携を深めています。お客様はAWSを活用することで導入期間・作業を大幅に短縮するだけでなく、Teradata Vantage on AWSによる最先端のデータ・アナリティクス・サービスにより、クラウド分析のパワーと柔軟性を体感いただきながら、大きなビジネス成果を獲得されると確信しております。今回、住信SBIネット銀行株式会社様のクラウドデータ基盤が稼働したことを大変嬉しく思います。今後もテラデータ様と協力し、住信SBIネット銀行株式会社様、そして日本のお客様の支援を行ってまいります。」

住信SBIネット銀行は、フィンテック企業による異業種参入が加速し、銀行機能のアンバンドリング化が進む中、Teradata Vantage on AWSやAIなどでリアルタイムなデータ活用を行い、さらなるマーケティング高度化で多様化する顧客ニーズにより細かく、迅速に対応できる環境を構築していくと共に、「NEOBANK®」パートナー企業に向けたサービスの拡充を目指しています。日本テラデータは、Teradata Vantageのマルチクラウド、リニアな拡張性、高可用性、エンタープライズレベルのパフォーマンスと信頼性で、住信SBIネット銀行の取り組みを支えてまいります。

Teradata Vantageについて

テラデータの主力製品である「Teradata Vantage」は、すべてのデータに透過的にアクセスし分析できる、すべてを統合するクラウドデータ分析プラットフォームです。エンタープライズレベルのハイパフォーマンス、高可用性、高拡張性を備え、ビジネスに必要なすべてのデータを活用して、データレイク、データウェアハウス、新しいデータソースとタイプを統合、AIやマシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスを実現します。ハイブリッド・マルチクラウド環境で先導し、柔軟性を重視したVantageは、無制限のインテリジェンスを提供して、お客様のビジネスの未来を構築します。詳細は、teradata.jpをご覧ください。

メディアキット 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
テラデータについて 詳細はこちら