format_quote プレスリリース

テラデータ、ガートナーの2020年マジック・クアドラントにおいて クラウドデータベース管理システムのリーダーに選定

Share
2020年12月1日 | サンディエゴ

ガートナーが発表した2020年のクラウドデータベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティにおいて、Teradata Vantageが4つの分析ユースケースのうち3つで最高評価を獲得

クラウドベースのデータとアナリティクスのを提供するテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、2020年11月23日に発表された「 2020 Gartner Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems」において、リーダーに選定されたことを発表します。このレポートでは、ガートナーのアナリストDonald Feinberg氏、Merv Adrian氏、Rick Greenwald氏、Adam Ronthal氏、Henry Cook氏が詳細な調査に基づき、ビジョンの完全性と実行力の高さについてベンダー各社を評価し、テラデータをクラウドデータベース管理システムのリーダーと位置付けています。
 
また、テラデータのハイブリッド・マルチクラウドデータ分析プラットフォームであるTeradata Vantageは、2020年11月24日にガートナーが発表した「2020 Gartner Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases」で、4つの分析ユースケースのうち3つ(従来型データウェアハウス、ロジカルデータウェアハウス、データサイエンス/ディープラーニング)で最高評価を獲得、残るひとつのユースケースであるオペレーショナルインテリジェンスでも第2位に評価されました。ガートナーのアナリストHenry Cook氏、Donald Feinberg氏、Merv Adrian氏、Rick Greenwald氏、Adam Ronthal氏が、16社を評価しています。
 
テラデータのCEOであるSteve McMillanは次のように述べています。「テラデータはクラウド時代に最高レベルのエンタープライズデータ分析を提供するべく取り組んでいます。つまり当社は、テラデータの代名詞でもある、大規模で複雑なワークロードを処理できる最先端のデータ分析プラットフォームとともに、お客様の選択肢を狭めたり、お客様を束縛したりしない、柔軟な展開オプションを提供しています。テラデータは、3大パブリッククラウドベンダーのすべてに対応するハイブリッド・マルチクラウド製品で、どんな環境でも同じソフトウェア、機能、エクスペリエンスを提供できる唯一のデータウェアハウス/アナリティクスプロバイダーです。ガートナーからこのような評価をいただいたことは、クラウド業界における当社の確固とした地位を証明するものであり、お客様それぞれのクラウド移行のニーズに寄り添うという当社の取り組みが評価されたものと自信を深めています」
 
テラデータならではのハイブリッドおよびマルチクラウドでの製品提供は、クラウドデータベース管理システム市場における大きな差別化要因になっています。ガートナーは「インタークラウド、マルチクラウド、ハイブリッドクラウドで業務を遂行するための機能が、ますます重要になっています。これらのシステムでは、その機能が必須になると思われます」と評しています。
 
ガートナーは、クラウドデータベース管理システム(DBMS)を「プロバイダーがフルマネージド型で提供し、クラウドストレージ内でデータを管理するパブリックまたはプライベートのクラウドソフトウェアシステム」と定義しています。これらの管理システムには、次の7つのユースケースの1つ以上に対応する従来型のトランザクションや分析処理をサポートするための明確な最適化戦略が含まれます。
従来型および拡張型のトランザクション処理、従来型のロジカルデータウェアハウス、データサイエンス/ディープラーニング、オペレーショナルインテリジェンス、ストリーム処理、イベント処理。
また、データはクラウドストレージ層(クラウドオブジェクトストア、HDFS、その他の専用クラウドストレージインフラストラクチャなど)に格納され、リレーショナル、非リレーショナル(ドキュメント、キー値、ワイドカラム、グラフ)、地理空間、時系列、その他複数のデータモデルを使用できます。
 
Teradata Vantageは、業界をリードするハイブリッド・マルチクラウドデータ分析ソフトウェアプラットフォームで、分析、データレイク、データウェアハウスを一元化して分析エコシステムを簡素化できます。Vantageがあれば、エンタープライズ規模の企業でもサイロを排除し、データの保存場所にかかわらず(クラウド、マルチクラウド、オンプレミス、ハイブリッドのどれでも)所有するデータをいつでも高いコスト効率でクエリを実行してビジネスの全体像を把握できます。テラデータは現在、3大パブリッククラウドベンダーのすべてに対応するハイブリッド・マルチクラウド製品で、お客様企業に最大限の柔軟性と選択肢を提供できる唯一のデータウェアハウス/アナリティクスプロバイダーです。
 
詳しくはこちらをご覧ください
 
 
ガートナーの免責事項
ガートナーは、調査関連の発行物に記載されている特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、最高評価またはその他の指定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナーの調査関連の発行物は、あくまでガートナーの調査期間の見解であり、決して事実として解釈されるべきではありません。ガートナーは明示的または黙示を問わず、この調査に関し、商品性または特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
メディアキット 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
テラデータについて 詳細はこちら