format_quote Press Release

テラデータ、「クラウド・ファースト」の戦略を発表: クラウド・アナリティクスを強化するサービスを拡張し、 新たにGoogle Cloudと提携

Share
2019年11月20日 | 東京

サービス・メニューに「従量課金制」、「オブジェクト・ストアのネイティブ統合」、 「Hadoopマイグレーション」を追加

パーベイシブ・データ・インテリジェンスを提供するクラウド・アナリティクス・カンパニー、テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、次世代統合型アナリティクス・プラットフォームのソフトウェア製品Teradata Vantage(以下、Vantage)の新たなクラウド・サービス・メニューを発表しました。今回発表されたサービスにより、Vantageは、アナリティクス、データレイク、データウェアハウスをすべてクラウド内で一元化できるようになりました。分析エコシステムを徹底的にシンプル化することにより、Vantageを利用するお客様は、より簡単にアナリティクスから価値ある「答え」を導き出すことができるようになります。
  1. パブリック・クラウドの選択肢を拡大し、Google Cloud Platform(GCP)でもサービスの提供を開始します。Teradataのas-a-service機能は、世界トップ3のパブリック・クラウド・プロバイダーであるAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、GCPにおいて利用可能になります。
  2. クラウド上のデータレイクとして活用が進むAmazon S3、Azure Blob、そしてGoogle Cloud Storageを含む各オブジェクト・ストアによる低コスト・ストレージをネイティブにサポートします。これにより、Vantageを利用すれば、高いコスト効率で自社のすべてのデータにいつでもクエリーを実行し、ビジネスのあらゆる課題に対するインサイトを獲得できるようになります。
  3. テラデータは、使用に応じた従量課金制オプションを追加します。いかなる量のデータに対しても複雑なアナリティクスを実行し、ミリ秒単位で使用した分だけ料金を支払ことができます。
  4. テラデータは、Hadoopマイグレーションプログラムの提供を開始します。これは、企業が迅速にHadoopからの脱却を図り、クラウドのオブジェクト・ストアと統合されたVantageを利用して最新のクラウド・アーキテクチャを活用できるようにするためのツール、プロセス、サービスをパッケージにしたものです。
 
「テラデータは、Vantageソフトウェアによって最高のエンタープライズ・アナリティクス機能をクラウドで提供することに注力しています。」とテラデータのプロダクト・マネージメント担当バイスプレジデントAshish Yajnikは述べています。「クラウド・サービス・メニューの拡大により、企業はアナリティクスを小規模に始め、必要な時にリソースの規模を弾力的に調整し、使った分だけ料金を支払うことができるようになります。また、Vantageのデプロイ先にGoogle Cloud Platformが加わることにより、Vantageを利用する方法や場所の選択肢が広がり、柔軟性がお客様にもたらされます。さらに、低コスト・ストレージのネイティブなサポートやHadoopマイグレーションプログラムにより、企業は、データが存在する場所に関係なく、自社のすべてのデータにアクセスしてクエリーを実行できるようになり、自社ビジネスの360°ビューを獲得することが可能になります。」
 
Google Cloudとの提携によりクラウド・アナリティクスを拡張
テラデータは、パブリック・クラウドのデプロイ先を拡大し、Google Cloud Platform (GCP) でもサービスの提供を開始します。Vantage on GCPの提供に際しては、VantageソフトウェアとGCPのコンピューターおよびストレージ・インフラストラクチャを使用するエンタープライズ・アナリティクス環境のパフォーマンス、セキュリティー、可用性、運用業務の管理をテラデータが行なうため、お客様は、最も困難なビジネス課題に対する「答え」を見つけ出すことにフォーカスできるようになります。
 
クラウド・サービスに目を向けるビジネス・リーダーが増えており、ITインフラストラクチャの所有・管理・維持に関わる責任、コスト、労力を負うのではなく、ソフトウェアにアクセスして利用できるようにすることが求められています。多くの企業が、クラウド・サービス・プロバイダーとしてGoogle Cloudを選択しています。テラデータがGoogle Cloudと提携することによってお客様は、必要とするパワフルなアナリティクス機能を、希望のパブリック・クラウド環境で利用できるようになります。
 
「私たちのミッションは、お客様の情報をスーパーチャージし、デジタル・トランスフォーメーションのゴール達成を可能にすることです」とGoogle Cloudのグローバル・エコシステム担当コーポレート・バイスプレジデント Kevin Ichhpurani氏は述べています。「テラデータのお客様企業は所有するデータからできるだけ多くの価値を獲得することを目指しているはずです。ですから、弊社とテラデータとの提携により、それらのお客様がGoogle Cloudにつながり、インフラストラクチャのコスト削減、クラウドのセキュリティー強化、シームレスなスケール調整を実現できることを喜ばしく思っています。グーグルとテラデータは、両社共通のお客様に高度な機能をお届けできるように、AIやGoogle Cloud StorageなどのGoogle CloudのサービスをVantage内に緊密に統合する作業に連携して取り組みます。」
 
Vantage on GCPの利用に関心をお持ちのお客様は、ソフトウェア、サービス、インフラストラクチャ、サポートが一括して含まれる包括的なエンタープライズ・アナリティクス向けas-a-serviceソリューションが期待できます。オンプレミス・システムからGoogle Cloud Platformへの移行は、迅速かつ低リスクに済ませることが可能です。環境を移してもVantageソフトウェアに一貫性があることにより、移行プロセスが大幅にシンプル化されるためです。グローバルなデプロイとエンタープライズ・クラスのアナリティクスの利用により、テラデータのお客様は、業界をリードするパフォーマンス、セキュリティー、可用性、運用業務がテラデータから提供され、アナリティクスから「答え」を見つけ出すことにフォーカスできるようになります。
 
提供時期:Teradata Vantage on GCPは、2020年からの提供開始を予定しています。2020年上半期のプライベート・プレビューに関心をお持ちのお客様は、テラデータにお問い合わせください。
 
低コスト・ストレージのネイティブなサポートを追加
企業は、膨大な量のデータの中で溺れかけており、続々と登場する新たなデータソース、アプリケーション、ユーザー、ツール、そしてシステム統合などの課題に対応できていません。Vantageを利用すれば、企業は分析エコシステムの拡張をシンプル化し、すべてのデータから最大の価値を引き出すことができるようになります。
 
オブジェクト・ストアAmazon S3およびAzure Blobを通じた低コスト・ストレージのネイティブなサポートにより、Vantageのユーザーはすべてのデータに対していつでもクエリーを実行し、ビジネス360°ビューを獲得することができるようになります。将来的には、Google Cloudとの提携の一環として、低コスト・ストレージのネイティブなサポートをGoogle Cloud Storageにも拡張する予定です。
 
低コスト・ストレージは、機器のセンサー、インターネットのクリックストリーム、カスタマー・サービスの通話、ソーシャル・メディアのアカウントなど、各ソースからのすべてのデータを元データのそのままローデータとして収集および保持する目的で使用されています。低コスト・ストレージのビルトイン・サポートが新たに提供されることで、Vantageのユーザーは、ローデータとエンタープライズ・データを結合し、より正確で高度なインサイトに満ちた自社組織の360°ビューを把握できます。
 
提供時期:低コスト・オブジェクト・ストアのネイティブなサポートは、現時点ではプライベート・プレビューで提供しています。正式リリースは2020年上半期の予定です。
価格設定:ネイティブ・オブジェクト・ストアの価格は、Vantageの利用料金に含まれます。

Vantageの使用に応じた新たな従量課金を開始
テラデータは、Vantageの使用に応じた従量課金制オプションを追加します。これにより、お客様には、いかなる量のデータに対して複雑なアナリティクスを実行しても、ミリ秒単位で、使用したリソースに対してのみ料金を支払うことができます。なお、前払いによる契約金は不要です。この新機軸によってデプロイのリスクがお客様からテラデータに移転され、財務上および運用上の最大限の柔軟性を求める企業にとっては非常に大きな付加価値となります。
 
提供時期:Teradata Vantageの従量課金制オプションは、現時点では限定的に提供しています。正式リリースは2020年上半期の予定です。
 
クラウドの低コスト・ストレージを活用したHadoopマイグレーションサービスを提供
Hadoopの有望性に多くの企業が莫大な時間と資金を投資していましたが、いまや業界は計算処理とストレージの分離に対応するアーキテクチャへと進展し、Amazon S3やAzure Blobといったクラウドのオブジェクト・ストアが活用されるようになりました。Hadoopからのシフトにより、コストとパフォーマンス両面での予測可能性をますます重んじるようになっている市場において、Hadoopを使い続けることにはかなりの不確実性が生じました。
 
テラデータは、市場におけるこのような懸念の高まりをいち早く捉え、顧客のニーズに応えるため、市場初となるクラウドの低コスト・ストレージを活用したHadoopマイグレーションサービスを提供します。テラデータは、今まで培った移行に関する豊富な知識とプロフェッショナル・サービスの経験を生かし、お客様のアナリティクス・エコシステムをクラウドに移行する作業が順調に進むよう支援し、リスクを削減しつつ低価格のクラウド・ストレージによって総所有コストを低く抑えることを可能にするサービスを提供します。
 
テラデータのHadoop マイグレーションプログラムは、企業が迅速かつ容易にHadoopからの脱却を図り、クラウドのオブジェクト・ストアと統合されたVantageを利用して最新のクラウド・アーキテクチャを活用できるようにするためのツール、プロセス、サービスをパッケージにしたものです。移行により、お客様のエコシステムの複雑性が軽減され、分析環境全体に対して簡便で幅広いアクセスができるようになります。クラウド・インフラストラクチャによってサポートされているVantageを利用することで、お客様は、より良い意思決定、ビジネスのさらなるアジャイル性、そして投資からの価値向上を推進するためのアナリティクスの成果をより迅速に獲得することが期待できます。
 
Hadoopマイグレーションプログラムにおいては、移行の各段階に応じたサービスを用意しています。プラットフォーム・アセスメント・サービスでは、現行のHadoop環境を調査・評価します。プランニング・サービスでは、移行に必要なテクノロジー・ソリューションおよびアーキテクチャを設計します。インプリメント・サービスでは、データ、スキーマ、パイプライン、アプリケーション、BIをVantage、およびクラウドのオブジェクト・ストレージに移行させます。
 
提供時期:Hadoopマイグレーションサービスは、全世界ですでに提供を開始しています。
価格設定:サービス価格は、お客様環境におけるニーズに合わせて個別見積もりとなります。

■本件に関するお問い合わせ
日本テラデータ株式会社 広報担当 有賀(ありが) 
TEL: 03-6759-6151 | E-Mail: japan-pr@teradata.com | http://www.teradata.jp
 
Media Kit 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
About Teradata 詳細はこちら