format_quote Press Release

テラデータ、フルマネージドの最先端アナリティクスサービス 「Teradata IntelliCloud」をAWS東京リージョンで提供開始

Share
2018年5月23日 | Tokyo, Japan

大規模アナリティクス向けクラウドサービスをアジア太平洋地域に拡大、高パフォーマンス かつ安全でスケーラブルなアナリティクスが企業のデジタルトランスフォーメーションを促進

東京発 -  2018523 - クラウドベースのデータとアナリティクスのリーディング・カンパニーである テラデータ・コーポレーション (NYSE: TDC、以下テラデータ)は、大規模アナリティクス向けのクラウドサービス「Teradata IntelliCloud」(以下IntelliCloud)の提供をアジア太平洋地域に拡大することを発表します。これにより、日本では、新たにアマゾン ウェブ サービス(AWS)東京リージョンで、IntelliCloudの導入オプションが選択可能となります。また、オーストラリアでも同様に提供を開始します。併せて、IntelliCloudの機能を強化し、エンタープライズレベルのより柔軟でダイナミックに制御できるアナリティクスプラットフォームを提供します。
 
IntelliCloudは、テラデータが提供するフルマネージドのアナリティクスサービスで、最新アナリティクスプラットフォームをas-a-Serviceで企業に提供します。これにより、企業は自社でアナリティクスプラットフォームの構築及び運用管理の業務から開放され、より高いビジネス成果の獲得にフォーカスすることが可能になります。企業のリソースをITの運用管理業務から、データとアナリティクスを効果的に活用したビジネス価値の創造に振り向けることで、アナリティクスへの投資効果をより高めます。クラウドサービスによる、高パフォーマンス、高可用性のアナリティクスプラットフォーム採用に関心のある日本企業にとって、有力な選択肢となります。
 
「テラデータは、クラウドでの高セキュリティ、スケーラブルなアナリティクスプラットフォームを最速でお客様に提供することに注力しています。データに支えられている現代の社会において、企業はサブスクリプション・ベースの適切なコストで迅速にアナリティクスプラットフォームを構築しなければならないという、とてつもないプレッシャーがあります。時間や人材が限られる中、日々爆発的に増大し続ける様々なデータソース、データタイプ、そしてデータ量に対応し、インサイトを獲得しようと苦心しているのです」とテラデータのエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント インターナショナル担当 ピーター・ミケルセンは述べています。「このようなニーズを満たすために、テラデータはIntelliCloudを開発、提供しています。なぜなら、エンタープライズレベルでのアナリティクスに必要な膨大で高度なワークロードが要求する高性能かつ高信頼、すなわちスピード、セキュリティ、柔軟性の高い要件を満たすアナリティクスサービスを提供できる企業が他になかったからです。」
 
IntelliCloudについて
IntelliCloudは、テラデータが提供するフルマネージドのアナリティクスサービスです。最先端のアナリティクスプラットフォームの導入およびパッチ適用やバージョンアップなどの運用・管理サービスをサブスクリプション・ベースで提供します。プラットフォームはAWS、Microsoft Azure、Teradata Cloudから選択でき、ISO 27001、 SOC 1、 SOC 2、 PCI、HIPAAの各種認証を取得した高セキュリティで、稼働率99.9%を保証します。
 
IntelliCloudは、グローバルで以下の導入オプションを提供します。
  • Teradata IntelliCloud for AWS: 南北アメリカ(米国およびカナダ)、ヨーロッパ(アイルランド、ロンドン、およびフランクフルト)、アジア太平洋(日本およびオーストラリア)
  • Teradata IntelliCloud for Azure: 南北アメリカ(米国およびカナダ)、ヨーロッパ(英国、アイルランド、およびオランダ)、アジア太平洋(オーストラリア)
  • Teradata IntelliCloud for Teradata Cloud: 米国(米国東部および米国西部データ・センター)
 なお、日本における、Microsoft AzureおよびTeradata Cloudのオプション提供は、随時検討する予定です。
 
IntelliCloudの強化機能
今回新たにIntelliCloudにいくつかの機能強化がされました。
  • IntelliCloud向けアプリケーション・エコシステム – 企業独自の分析エコシステム・ソフトウェア・アプリケーション(Teradataエコシステム・アプリケーション、ビジネス・インテリジェンスまたはデータ統合アプリケーション、多様なツール等)を持ち込み、それらを自社のIntelliCloudシステムと同じ環境で展開可能になりました。結果として、分析エコシステムのワークロードを実行する上で最高パフォーマンスを提供する最適なアーキテクチャを構築することが可能になりました。また、高セキュリティやアプリケーション間の低レイテンシを実現し、パフォーマンスを維持することができます。
  • IntelliCloud管理コンソール – 企業が自社のIntelliCloudアカウントを管理および運用するための使いやすいコンソールを提供します。1箇所から自社の全IntelliCloudシステムの状態を監視および管理し、ワンクリックでコンピューティング能力の増減や、リソース利用の停止や開始を設定しコストの最適化を図ることが可能になりました。また、システムのバックアップ・スケジュールを修正することができます。
 
IntelliCloudのサブスクリプションは、すでに提供が開始しています。
また、以下のように既にIntelliCloudは、様々な業界で、データとアナリティクスを活用したビジネス成果獲得に貢献しています。
 
Ticketmaster
Ticketmasterは、世界最大のライブ・イベントのチケット販売会社です。何千ものライブ会場、アーティスト、スポーツ・リーグ、アートおよび演劇ツアーと専属契約を結び、世界中にいる何百万人ものファンにとってアイコンとなるライブ・イベントを提供し、年間5億件のチケットを取引しています。
 
「財務会計から商品、マーケティングまで、社内のあらゆる部署が、ライブ・エンターテインメントのファンの皆様やクライアントのためにより良い決定を下したり、より良い体験を推し進めたりする上でデータを頼りにしています」と同社 データベース・ソリューション担当ディレクター Shawn Moon氏は述べています。「Teradata IntelliCloudにより、コストを管理して多額の資本支出を回避することが可能になり、システムのメンテナンスや管理よりも付加価値の高い仕事に一層注力できるようになりました。」
 
Arcos Dorados
中南米に拠点を置くArcos Doradosは、ラテンアメリカ・カリブ地域でマクドナルドの店舗所有、経営、フランチャイズを行なっています。企業全体でより良い意思決定を推進することを目的として、Arcos DoradosはIntelliCloudを利用してシステムのクラウド移行を図り、自社の技術プラットフォームをアップグレードする一方でコストを削減し、スケーラビリティと俊敏性を大幅に向上させることができました。
 
「Teradata IntelliCloudに移行したことの最大のメリットの1つは、弊社のITチームがデータ・プラットフォームとその基盤となるインフラストラクチャの維持管理業務について心配しなくてもよくなり、より良い、より革新的なビジネス決定を推進するための、より価値の高い仕事に焦点を定め直せたことです」と同社 コーポレートITアプリケーションおよびテクノロジー担当マネージャー Patricio Crowley氏は述べています。
 
Vizient, Inc.
Vizientは、米国最大の会員主導型医療実績改善企業です。効率的な患者ケアおよび医療の質向上という成果の実現を目指して、加盟病院の目標達成に役立つ知識、ソリューション、専門技術を各病院に提供しています。同社は、テラデータの協力によりシームレスにクラウドに移行することができ、多額の資本支出を回避する一方で、ワールドクラスのカスタマー・サービスを達成しました。
 
「弊社は、自分たちのデータの信頼性、可用性、保守性が高いこと、および弊社のプラットフォームがそれらの需要をサポートできることを保証する必要があります」と同社 アプリケーション開発担当シニア・ヴァイスプレジデント Andy DeShong氏は述べています。「このことは、弊社がさらに予測分析やマシンラーニングへと移行していくのに応じて一層重要性を増します。Teradata IntelliCloudの利用にあたり、弊社ではデータベースの利用領域を必要に応じて増減できることを認識しています。弊社がテラデータから受けたサポートは驚くべきものであり、サービス・チームは弊社の成功のために100%の力を注いでくれました。」
 
Silverton Casino
ラスベガスにあるSilverton Casino Hotelは、現代的な豪華ロッジをテーマにしたリゾートです。24時間年中無休でデータとアナリティクスにアクセスすることを必要としていた同社は、クラウドに関するテラデータの専門技術を活用することで、自社のビジネス上のインサイトを拡大し、稼働可能時間を改善しました。それにより、ユーザーはほぼ100%の時間帯において重要なデータに確実にアクセスできるようになりました。
 
「弊社がテラデータを選んだのは、同社が接客業界を対象にした豊富な経験や実績を積んでいるためです。嬉しいことに、クラウドへの移行は、コスト効果が高いだけでなく、抽出、加工、ロード(ETL)タスクのパフォーマンス30%向上という成果もすでに生んでいます。」と同社 ITおよび特別プロジェクト担当 シニア・ヴァイスプレジテント Kirk Golding氏は述べています。
 
Monsanto
Monsantoは、世界的規模のモダン・アグリカルチャー企業です。世界中の農業従事者が作物を育てるための支援をし、エネルギー・水・土地をより効率的に利用できるようにするソリューションを開発しています。同社の戦略は、より多くのアプリケーションをクラウドに移行することです。それには、特定の既存アナリティクスをTeradata IntelliCloud for AWSに移すことが含まれます。Teradata IntelliCloud for AWSにより、過去に同社のビジネスにおいて頼りにされていたアナリティクスのスケーラビリティと柔軟性を維持することができました。
 
「クラウドには非常に多くの長所があります。構築時間が短縮でき、バックアップやアップグレードの点から管理をより完全に近づけることができ、ソフトウェア・オプションの範囲が拡大し、予想外のワークロードに合わせてプラットフォームの規模を調整することが可能です。弊社では、Teradata IntelliCloudの利用が成功したことにより、これらの利点が現実となるのを目の当たりにしました」と同社 データベース・プラットフォーム・アーキテクトTroy Crites氏は述べています。
 
関連リンク
Media Kit Learn More
お問い合わせ Learn More
About Teradata Learn More