テラデータ金融サービス | 業界データモデル

統合された組織横断的な財務データモデリングにより、企業全体のデータビューを実現。

テラデータ金融サービス
テラデータ 金融サービスデータモデル(FSDM)は、データの編成方法の包括的でフレキシブルなブループリントであり、情報の管理、リスクの管理、データ環境のナビゲート、およびデータ管理の過程に影響を与える可能性のある詳細の特定を可能にします。
このFSDMは、 テラデータ 金融サービス分析スキーマ(FSAS)と連携して、データアーキテクチャにおける2つの重要な領域、すなわちデータ統合とデータ分析に対応し、サマリーダッシュボードや詳細なデータ分析アプリケーションを迅速に立ち上げることができます。 当社のFSDMとFSASは、データアーキテクチャの特定のニーズを満たす独立した製品として、またはリスク管理、顧客管理、ビジネスライン全体の財務管理をサポートする広範なポートフォリオとして使用できます。
  • 仕組み

金融サービスのデータモデル(FSDM)

財務データ統合、エンタープライズカバレッジ、ビジネス情報、ビジネスルール、正規化、および非冗長コア統合レイヤーをサポートします

金融サービス分析スキーマ(FSAS)

データ分析と消費、ビジネス上の質問、ビジネス上の洞察、スライス&ダイスの次元分析、およびアクセスレイヤーをサポートします

FSASの詳細

  • 金融サービスのデータモデル(FSDM)
  • 金融サービス分析スキーマ(FSAS)

仕組みと機能する理由 400以上の幅広い対象領域の全体像
FSDMには多くの非常に重要な特性がありますが、この詳細なホワイトペーパーでは、最も重要な10の要素に絞り込みました。