テラデータ ユーティリティデータモデル(UDM)

IDW向けの業界データモデル基盤。

テラデータ ユーティリティデータモデル

高度なメータリングインフラストラクチャ(AMI)とスマートグリッドテクノロジーの実装により、大量の新しいデータが生成され、潜在的なデータ整合性の問題が増加し、コストの増加を抑えるよう圧力がかかっています。 テラデータ ユーティリティデータモデル(UDM)は、データを最大限に活用し、正確で組織横断的な統合データウェアハウス情報への簡単で便利なアクセスをユーザーに提供しながら、時間とお金を節約します。

UDMは構造と標準化を使用して最も重要なビジネス上の質問に対処し、簡単にアクセスして再利用できるようにデータを整理してデータの整合性の問題を強調することにより、包括的なデータドキュメントを提供します。 同様に重要なのは、UDMにより、不正確または重複するデータを簡単に識別できるようになり、財務、関係者、インフラストラクチャなど、さまざまな分野について非常に必要な洞察が得られることです。