共有する

半構造化データとは

半構造化データとは、従来のデータベースのフィールドや一般的なデータモデルに関連付けられているような、従来の方法で取得またはフォーマットされていないデータを指します。また、生データではなく、全く構造化されていないデータで、データテーブルやタグなどの構造要素を含んでいる場合があります。グラフやテーブル、XMLドキュメント、電子メールなどが半構造化データの例で、ワールドワイドウェブ全体では非常に広く普及しており、オブジェクト指向のデータベースにもよく見られます。

テラデータの見解:半構造化データは、合理的なデータを含んでいるため、企業はビッグデータプログラムやデータアーキテクチャの中で半構造化データを考慮する必要があります。