共有する

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントは、ある活動に対する全体的なリスクの最大許容レベルを計算し、リスクアセスメント(評価)手法を用いて初期のリスクレベルを特定し、もし過剰であることが判明した場合には、全体的なリスクレベルが許容レベルになるまで個々のリスクを軽減する戦略を策定するプロセスであり、リスク軽減とも呼ばれています。
これまでのリスクマネジメントでは、膨大な量のデータの中から不審な動きを発見するために、人間が苦労して作業を行っていました。しかし、モノのインターネットが生み出す膨大なデータでは、手作業は不可能です。ビジネスやテクノロジーの進歩に伴い、企業はかつてないほどリスクにさらされています。また、脅威の発生率は、特定の要因によって増加しています。 企業は、プロセスやサービスにおける人間的要素を排除しつつあります。また、犯罪者は、組織の弱点を特定し、共有し、悪用する方法がより巧妙になっています。情報管理は、犯罪の増加、スタッフや顧客の不正行為、データセキュリティ、プロセスの失敗、また地域、国内、グローバルな法律への準拠といった新たな現実に対処するために不可欠です。

アナリティクスを活用したリスク・マネジメント・ソリューションは、企業に恒久的なダメージを与える可能性のあるリスク(オペレーション、サプライチェーン、詐欺、クレジット、データセキュリティ、サイバーセキュリティ、規制コンプライアンス、規制対象製品の販売など)を中和する脅威インテリジェンスツールのカスタマイズを可能にすることで、様々な業界に特有のリスクに対応します。機械学習と高度な分析技術により、パターン、シグナル、トレンドを明らかにすることができます。リスクと脅威のプロファイルを定量化し、優先順位をつけることで、リスクマネジメント担当者の焦点を明確にし、リスク報告プロセスを合理化することができます。より良いデータと強力な対応策のおかげで、シナリオをより正確にモデル化し、テストすることができます。

リスクの特定と回避
規制当局からの要請に最も革新的かつ効果的に対応している企業は、将来の基準や実務を推進する傾向にあります。さらに重要なことは、効果的な内部パフォーマンス分析と測定により、シームレスな連携と透明性が求められることです。

これらの企業は、オペレーション、評判、技術、製品、セキュリティ、サイバー、詐欺などの潜在的なリスクを迅速に特定し、企業全体のリスクにさらされる度合いを定量化するための統合的なリスクの見通しを提供する新しい分析機能を開発するでしょう。特に、従業員、請負業者、パートナーなどの内部関係者による不正行為は、不正行為の中でも最も一般的なものであり、これらは通常、非常に発見しにくいものですが、このような不正行為を検出する能力が向上します。また、新しい情報源を活用することで、これまで大規模に行うことが不可能だったリスク問題を発見することができるようになります(音声記録、請求書の提出、スタッフの電子メールの記録、複数のチャネルでの行動パターンなど)。リスク監視ルールは、複数の分野 (クレジット、不正行為、プロセスへの社内コンプライアンス、情報アクセスなど) で自動化されます。最後に、将来のコストやリスクを回避するために、先手を打って将来に備えた投資を行います。

最も効果的なリスク軽減戦略は、他の方法では見えないパターン、傾向、シグナルを特定し、対処するものです。
  • 脆弱性の特定:潜在的な弱点を発見し、定量化する。
  • プロアクティブな防御:モニタリングと高度な脅威インテリジェンスを確立する。
  • リスクマネジメントモデル:IT、ブランド、オペレーションなど、すべてのリスクカテゴリーを考慮する。
  •  
リスクマネジメントに関する考慮事項
  • 不正行為やセキュリティリスクは業界によって異なりますが、すべての企業は、不正行為の可能性がある状況を特定し、それを迅速に軽減する能力を向上させる必要があります。
  • 企業は、オンライン詐欺やクレーム詐欺、個人情報の盗難などが大幅に増加する可能性に直面しています。
  • オペレーショナル・リスクは増加しており、投資家や顧客に対する企業の評判に重大な影響を与える可能性があります。その結果、巨額の罰金が科せられたり軽減措置が必要になる可能性があります。
  • 業界を問わず、規制遵守のために、より複雑な分析と報告の連携が求められており、高額で時間のかかるプロジェクトが必要になっています。
  • サイバー侵害は、その巧妙さと影響を増しており、オペレーション、財務、ブランドに対する世界的な認識など、ビジネスのあらゆる分野でセキュリティリスクが高まっています。