共有する

パターン認識とは

パターン認識とは、大規模なデータセットや異なるデータセットの中から、アルゴリズムによって反復性や規則性を見つけ出すことです。パターン認識は、機械学習やデータマイニングと密接に関連しており、同義とさえ考えられています。パターン認識から得られる可視性により、研究者は、他の方法では見えない洞察を発見したり、結論に達したりすることができます。