共有する

メタデータとは

TechTargetによると、「メタデータとは、他のデータを記述するデータのことです。メタデータは、データに関する基本的な情報をまとめたもので、データの特定のインスタンスの検索や作業を容易にします。たとえば、作成者、作成日、更新日、ファイルサイズなどは、文書のごく基本的なメタデータです。文書ファイルに加えて、メタデータは、画像、動画、スプレッドシート、Webページにも使用されます。」

テラデータの見解:メタデータを効果的に管理することは、企業がデータ資産をより効率的に管理し、データサイエンティストやその他のアナリストが利用できるようにするという点で、強固で柔軟なビッグデータ「エコシステム」に不可欠な要素です。