共有する

モノのインターネット(IoT)とは

IoTとも呼ばれるモノのインターネットは、日常的に使われている物理的な対象物や製品をインターネットに接続し、(固有の識別子によって)認識し、他のデバイスと関連付けることができるようにする概念です。この用語は、機械間通信と密接に関連しており、例えば、電力会社の「スマートグリッド」や遠隔監視などの革新的な技術の開発に使われています。Gartner社は、 自動車やコーヒーメーカーなど、2020年までに260億台のデバイスが接続されると予測しています。

テラデータでは、 ビッグデータは今後ますます大きくなり、IoTが大きな推進力になると考えています。ウェアラブルやセンサーの接続性は、より大量で、より多様で、より高速なフィードを意味します。

明確なビジネスケースとセンサーデータやデバイスデータに関する具体的な計画がない企業にとって、IoTは行動よりも口先だけのものになるでしょう。なぜなら、デバイスがデータを発信し続けると、ビッグデータがITや分析グループに氾濫する恐れがあるためです。適切なデータアーキテクチャを設計、統合し、堅牢なIoTデータ分析プラットフォームを構築し、適切なチームを編成した企業は、IoTが単に次の大きな話題ではなく、変化の激しい市場で競争力を維持するための必需品であることに気づくでしょう。

IoTに関する主な検討事項
IoTとは、インターネットに接続し、他のデバイスや物体を認識し、それらと通信できるデバイスや物理的な物体 (モノ) の巨大なネットワークを指します。しかし、データを取得、管理し、状況に沿って見ることができる規模がなければ、センサーデータはその価値のごく一部しか発揮できません。データを戦略的な意思決定に役立てるためには、次の4つの重要な要件を考慮する必要があります。
モノのインターネット(IoT):センサーを搭載したデバイスが増え、データ量が増加している
モノの分析 (AoT)::IoTの生データストリームには、コンテキストとインサイトを得るためのAoT分析が必要となる
IoT戦略:IoTデータから価値を生み出すためにIoTのエキスパートを活用する
業界の専門知識:企業情報は、データサイエンティストにとってのIoTデータの有用性を高める

企業はどのようにIoTを活用しているのか?
Gartner社によると、80%の企業が、IoTの目標が不明確で、ユースケースが狭く、分析範囲が限定されています。IoTへの投資から持続的な価値を引き出すためには、単独の、あるいは狭い範囲に焦点を当てたIoT分析プロジェクトから、高度に統合された、ビジネス主導のIoTオペレーションへと進化させる必要があります。トップ企業はすでに、センサーデータから関連性の高いインサイトへと深く埋め込まれた価値を見出し、それを活用してイノベーションとパフォーマンスの向上を実現しています。小売業や金融サービス、ハイテク製造業、エネルギー業界まで、IoTのリーダーたちは、効果的なIoTアプリケーション、ソリューション、アーキテクチャ、プラットフォームを活用して、今日の価値を生み出しています。

IoTのカテゴリー
IoT市場は、大きく分けて産業用IoTと消費者用IoTの2つのカテゴリーに分けられます。前者には、重機、工場の生産ライン、輸送、エネルギー、スマートシティなどが含まれます。後者は、ウェアラブル、スマートフォン、テレビ、家電などで、生活支援、ホームモニタリング、ホームオートメーションを実現します。

産業界では、設置されたセンサーがデータを発信し、温度、光、振動、動き、圧力、化学物質、気流、液体の流れ、位置情報(スマートフォン、自動車のGPSなど)など、あらゆるものを 測定することができ、製造業、石油・ガス、物流、小売、公益事業などへの投資が盛んに行われています。製造業では、産業用センサーデータを分析することで、企業は「デジタルツイン」(物理なシステムを正確にデジタルで表現したもの)を作成することができ、システムのリアルタイムシミュレーションとモデリングにより、機器の故障を防ぎ、問題を予測し、継続的にパフォーマンスを最適化することができます。これにより、企業はオペレーションを最適化し、リスクを低減することができます。消費者側では、センサーデータを利用して、健康状態やフィットネス、位置情報、家庭でのエネルギー消費量、製品の使用状況などをモニターすることができます。消費者に対する理解を深めるとともに、製品管理者が製品の設計と開発を改善する方法を理解するのにも役立ちます。

IoTデータから最大限のビジネス・インパクトを引き出すためには、新たな課題を克服し、新しい要件を満たし、IoTデータの収集、準備、分析に対応できるように既存のアーキテクチャを拡張する必要があります。