共有する

ファイナンスアナリティクスとは

ファイナンスアナリティクスとは、財務アナリティクスとも呼ばれ、特定のビジネスの財務データを異なる視点から分析し、ビジネス全体のパフォーマンスを向上させるための戦略的な意思決定や行動を促進するための洞察を提供するものです。ビジネス・インンテリジェンスやエンタープライズ・パフォーマンス・マネジメントに関連して、ファイナンスアナリティクスはビジネスのほぼすべての側面に影響を与え、利益の計算、ビジネスに関する質問への回答、将来のビジネス予測に重要な役割を果たします。

フィナンスアナリティクスの課題
最高財務責任者(CFO)は、多くの場合、2つの矛盾した目標を追求しています。ビジネスのコストセンターである財務部門は、厳しいコスト削減の要求と予算の減少に対応しなければなりません。しかし同時に、規制や経営上の要求が高まる中、CFOはこれまでにないレベルの財務の透明性と意思決定のサポートを求められています。

このような状況の中、CFOはビッグデータの統合を求められていますが、これは部内で、もしくはCFO自身が財務状況を完全には把握できていないためであり、少なくとも詳細な結果を把握するために必要な、実行可能なインサイトを提供できるでき状況ではないからです。CFOは、不必要に複雑で断絶された財務システムを利用していることが多く、このようなシステムでは、エラーを起こしやすい手作業での調整や検証作業が必要となります。これは、一貫性のない、または不正確なレポートだけでなく、純売上高、粗利益、販売費などの定義が各部門で異なる場合、社内での「データ紛争」につながる可能性があります。このような議論は、経営陣の意思決定を遅らせ、意思決定内容の質にも悪影響を及ぼします。

CFOは、規制当局や外部の利害関係者に報告する財務データの管理者として、欠陥を改善し、財務諸表に影響を与えるあらゆる情報に関わる紛争を解決するために、データ管理の改善を提唱しなければなりません。それが、会社全体の業績を信頼性と透明性のある統一した視点で把握した上で会社を運営することを確実にする唯一の方法です。

規制当局や利害関係者の透明性に対する要求を満たすには、もはや総勘定元帳のデータだけでは十分ではないため、CFOはこれまで以上に多くの分析機能を必要としています。財務報告、経営報告、規制報告のすべてにおいて、従来よりも詳細な補助元帳(売掛金、在庫、買掛金など)と、増加する非財務データ(保証、サプライヤー、顧客など)を統合する能力が必要です。適切なインフラストラクチャとデータ主導型の方向性があれば、財務部門はビジネスのあらゆる側面で、より多くの情報に基づいた意思決定を支援することができます。CFOが担当している重要なことの1つは、Order to CashとProcurement-to-Payプロセスの最適化です。この課題を達成するには、財務諸表と、総勘定元帳に集計される補助元帳との間に、詳細な連携をすることが必要です。この要件は、財務部門の伝統的な財務の管理者としての役割に合致しているだけでなく、最高情報責任者(CIO)がCFOの直属である企業が増えている中で、自然な流れとなっています。

ファイナンスアナリティクスのコア機能
CFOはIT部門と協力して、冗長性を排除し、統合性を高め、自動化を最大限に活用したシンプルな財務システムアーキテクチャの構築に向けて段階的に取り組む必要があります。販売時点管理(POS)デバイス、消費者への請求、住宅ローンシステム、有名企業や自社開発のERP、会計ハブ、ルールベースのコスト配分計算エンジンなど、財務部門の多様なデータソースすべてを単一の統合されたデータデポジトリに集約することで、CFOの組織はその有効性と効率性を変革することができます。
多くの金融機関は、アジリティ(機敏性)、サステナビリティ(持続可能性)、エクステンシビリティ(拡張性)、プレディクタビリティ(予測可能性)、アカウンタビリティ(説明責任)という5つのコア機能を念頭に置いて、財務システムのアーキテクチャを再設計することで、この状態を実現しています。
  • 機敏性:変化に対応し、変化を促進するCFOの能力に関連しています。
  • 持続可能性:最小限の労力で継続的に更新、進化できる意思決定環境に基づいて構築された財務分析。
  • 拡張性:将来のデータタイプを視野に入れて設計されたアーキテクチャで、初期のデータタイプと組み合わせることで、ビジネス価値を増大させることができます。
  • 予測可能性: 収益とコストの相互作用に影響を与え、CFOはオペレーションに関する詳細な情報を得ることができ、それによって将来の収益性を向上させ、不必要なコストを回避するのに役立つ優先的な活動を特定し、実行することができます。
  • 説明責任: 共通の指標を用いて合意された事実に基づいてビジネスを運営することを目的に、企業全体で戦略と実行を整合させるためのフレームワーク。