共有する

データアーキテクチャとは

Techopediaによると、「データアーキテクチャとは、収集されるデータの種類を管理、定義するための一連のルール、方針、基準、モデルのことです。また、企業と企業が使用するデータベースシステムにおいて、データをどのように使用、保存、管理、統合するかを指します。また、企業のITシステムやアプリケーションにおけるデータの流れとその処理方法を構築、管理するための秩序だったアプローチ」とのことです。

テラデータの見解:Teradata Unified Data Architectureは、初の包括的なビッグデータアーキテクチャです。このフレームワークは、SQLおよび非 SQL分析を使用して、リレーショナル リポジトリと非リレーショナルリポジトリを活用します。データをデータウェアハウスやデータレイクに統合することで、エンタープライズクラスのアーキテクチャを実現できます。テラデータは、データを機能に移動するのではなく、すべての分析ツールのためのクロスプラットフォームのデータアクセスと、データへの「プッシュダウン」機能によりビッグデータアーキテクチャを統一します。データ重力を参照してください。