共有する

コネクション分析とは

接続分析は、ネットワーク内の人、製品、プロセス、機械、システム間の相互に関係したつながりや影響を、それらの繋がりをマッピングし相互作用を継続的に監視することで発見するという、新しい学問分野です。これは、たとえば、オピニオンリーダーの影響力、外部の出来事や人物が財務リスクに及ぼす影響、ネットワークパフォーマンスを評価する際のノード間の因果関係など、ビジネス上の難問に対処するために使用されています。