共有する

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングとは、インターネット (クラウド) を介して、オンプレミスサーバーやパーソナルコンピューターではなく遠隔地にあるサーバーのネットワークを利用して、データの保存、管理、処理を行うことです。プログラム、アプリケーション、その他のサービスもクラウド上で提供されるため、企業はデータセンターやその他のインフラストラクチャを構築、維持する作業やコストから解放されます。一般的なクラウド・コンピューティング・モデルには、いくつかの種類があります。プライベートクラウドは、特定の対象ユーザー (企業の従業員など) 向けに、専用のデータセンターまたはサーバーを介してデータやサービスへのアクセスを提供します。インフラストラクチャ、ストレージ、ネットワークの構成をカスタマイズして提供することも可能です。パブリッククラウドは、コンピューティング要件が変動するなか中小企業が利用することが多く、一般的には共有ハードウェアをベースに、データやサービスをオンデマンドで提供し、通常はメンテナンスコストを除いた従量課金制モデルを採用しています。ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方の要素を兼ね備えています。たとえば、企業は、基幹業務以外のデータ、アプリケーション、オペレーションにはパブリッククラウドを使用し、コアプロセスや重要なコンピューティングタスクをサポートするための専用リソースを確保するためにプライベートクラウドを利用することができます。

テラデータの見解:効果的なクラウドコンピューティング機能は、もっとも効果的なビッグデータ環境に不可欠な要素となっています。