共有する

ビッグデータ分析とは

テックペディアによると「ビッグデータ分析とは、ソーシャルネットワーク、動画、デジタル画像、センサー、販売取引記録など、さまざまな情報源から収集された大量のデータを分析する戦略のことです。これらのデータを分析する目的は、他の方法では見えないパターンやつながりを発見し、データを作成したユーザーに関する貴重な洞察を得ることです。この洞察によって、企業は競合他社よりも優位に立ち、優れたビジネス上の意思決定を行うことができる可能性があります。」

テラデータの見解:ビッグデータ分析とは何でしょうか?ビッグデータ分析は、ひとつの実務形態でも、ひとつのツールでもありません。ビッグデータの視覚化が必要な場面もあれば、コネクテッド・アナリティクス(接続された分析)が適切な状況もあります。