共有する

記述的分析とは

アナリティクスの最も基本的なタイプと考えられている記述的分析は、ビッグデータを使用可能な情報の小さな塊に分割し、企業が特定のオペレーション、プロセス、または一連のトランザクションで何が起こったのかを理解できるようにします。記述的分析により、現在の顧客の行動や業務の傾向を把握することができ、それによってリソースの割り当てやプロセスの改善、全体的なパフォーマンス管理に関する意思決定をサポートすることができます。多くの業界関係者は、現在企業で使用されているアナリティクスの大部分が記述的分析であると考えています。

テラデータの見解:強固で柔軟なデータ・アーキテクチャに基づく記述的分析の強固な基盤は、ビッグデータ時代に多くの企業が必要とする意思決定の精度と信頼性を提供します(特に、大量のデータに圧倒されることを避けたい場合)。さらに重要なことは、最終的に、より高度なアナリティクス機能(特に予測的分析と処方的分析)を可能にすることです。