データを企業最大の資産としましょう。

今日、データはすべての決定、すべてのピボット、すべての次の動きを推進するものです。 データを上手に使うと、無限のビジネス価値を解き放つころができます。そして、チャンスに満ちた未来が拓けます。
テラデータにご相談ください

今こそ、データをビジネスの中心に据えるべきです。

データ主導型の企業になるには、考え方の転換から始めましょう。

今こそ、サイロ化した独自の遡及的なアプローチから、統一された利用可能な答え重視のモデルへと移行する時です。

言い換えれば、データ(およびそのデータから得られるインテリジェンス)がビジネスの中心にならなければならないのです。

レポートを読む
競合他社

制限付き価値分析

従来の分析アプローチでは、データの価値を制限し、ビジネスを抑制してしまいます。

テラデータ

無制限の価値分析

テラデータは、企業がビジネス全体において継続的で無制限の価値を引き出す支援を行います。

データは企業の最も価値ある資産です。

しかしそれはデータを最大限に活用する場合に限られます。

グローバル企業は、毎年数十億ドルをデータに費やしています。 しかしその予算は、絶え間なくコスト削減の対象とされ、管理と段階的な改善に往々にして使われがちです。

これこそが問題を引き起こしています。 データは、企業の成長を促進するために活用される資産ではなく、管理されるコストと見なされている点です。

テラデータは、ビジネスの未来を構築するために、今日すぐに利用できるコネクテッドデータ分析エコシステムを提供します。

スケール、複雑性、スピードに対する要求が年々指数関数的に増加している中で、最終的に「ベスト・イン・クラス」になるための投資は間違ったアプローチです。

レポートの読む

インサイトの先にある、オーケストレーション。

テラデータの体系立てたアプローチにより、ハイパースケールのデータ分析を使用して、最大の課題と最も複雑なエンドツーエンドの問題を解決できます。

しかし、それ以上に、再利用するデータを設計すると、ビジネス全体で統一されたビューが可能になります。 テラデータは、強力なデータ分析エコシステムを実現します。すべてのアクションとイニシアチブを調整し、ビジネスの実行を最適化し、成長と価値を推進します。

テラデータは、統合されたデータ分析エコシステムを可能にし、すべてのプロセスとイニシアチブを調整して、あらゆるビジネスを前進させるエンドツーエンド機能を可能にします。

詳しくはこちら

Vantage

ハイブリッド・マルチクラウド環境のための最新のクラウド・プラットフォーム。

Teradata Vantageは、データレイク、データウェアハウス、アナリティクス、そして新しいデータソースやデータタイプなど、あらゆるものを統合するエンタープライズアナリティクス向けのコネクテッドマルチクラウドデータプラットフォームです。 ハイブリッド・マルチクラウド環境で先導し、柔軟性を重視したVantageは、無制限のインテリジェンスを提供して、ビジネスの未来を構築します。

Vantage の魅力

変革しながら、遂行する。

最新のエンタープライズデータ分析エコシステムには、8つのコア機能が必要です。 ほとんどの分析の場合、一方の容量を増やすために、もう一方が犠牲となってしまいます。

しかし、テラデータのエンタープライズ・グレードのスケーラビリティは、他の機能に影響を与えることなく各機能を最大化できることを意味します。これは、今日の将来の大量のデータワークロードを処理するための重要な機能です。

詳しくはこちら
競合他社

限定スケール

ほとんどのデータ分析は相互に依存してスケーリングします。 クエリが増えるほど、データの可用性は低下します。 ユーザーが多いほど、処理されるクエリは少なくなります。

テラデータ

多次元での拡張

クエリ、ユーザー、またはボリュームなど、1つのベクトルに対する要求が高まる場合でも、他のパフォーマンスは損なわれません。

業界の未来を築く方法をご覧ください。

金融サービス

詳しくはこちら

通信業とメディア

詳しくはこちら

将来を見据えた動きはここから始まる。

ビジネスの将来にとって重要なデータ駆動型機能を有効にする方法をご覧ください。

あらゆる業種での深い専門知識。

テラデータには、企業が明日の需要を満たすべく変革するのをあらゆる業界で支援してきた豊富な経験があります。

テラデータにご相談ください

テラデータのエキスパートにバーチャルまたは対面のミーティングのアポイントを入れて、目的を達成する方法をご相談ください。

お問い合わせ