Yodel(ヨーデル)

天候、地理的位置、時間、交通、荷物、顧客データを組み合わせて、1日に500,000件以上の配達を最適化しています。

ビジネスの方向性を転換して、リアルタイムでSLAを順守する会社を想像してみてください。

このようなビジネス上の意思決定が、顧客満足度にどのような影響を与えるのでしょうか? 顧客ロイヤリティでしょうか? ヨーデルはイギリスを拠点とした宅配便会社です。 同社では予測型の小包配達を実施しており、リアルタイムでアクションを起こしてビジネスの流れを変えています。 1日に5,500件以上の配送ルートの物流を最適化することで、顧客満足度を高めるオンタイムの配送を実現しています。

ヨーデルはB2BとB2C注文に対応する最大級の配送業者で、英国とアイルランドの大手小売業者の多くと提携しています。

ジオロケーション、天気、時間、交通パターン、小包データ、顧客データなど、社内外のデータソースを組み合わせます。 ヨーデルはテラデータを利用してこれらのデータを統合し、すべてのビジネスユーザーが必要な答えを見つけられるようにしています。

7,400台以上の配送車両と5,500人以上のドライバーを管理するのは決して簡単なことではありません。 天候、迂回路、交通パターン、路上事故、道路状況、ドライバーの習慣、車両のメンテナンス、ナビゲーターのミスなどが、小包のオンタイムの配達に悪影響を与える可能性があります。 これに1日あたり50万件、ピーク時には100万件の小包を配達するとなると、優れた配達サービスの維持に複雑な課題が発生します。 サービスの提供が顧客満足度や顧客ロイヤルティに影響するのです。

Yodel(ヨーデル) を数字で指定

5,500+

一日あたりの配送ルート

145,000,000

1年当たりの 小包配達数

6,000

実店舗数

1,000,000

ピーク時の配達量

Phil Clark, Director of Data Science at Yodel

フィル・クラーク

データサイエンス部門ディレクター

フィル・クラーク氏は、ヨーデルのデータサイエンス部門でディレクターを努めています。 物流、小売、金融サービスの分野で、ITソリューションの設計、構築、サポート、管理に25年以上の経験があります。 また、部門間のデータ統合、データの可視化、ダッシュボード、KPI、予測分析など、テラデータ分析プラットフォームの導入を指揮しました。

2015年当時、ヨーデルのデータは分散しており、データの一元性とはほど遠い状態であったため、合意されたビジネス指標やKPIがありませんでした。

複数のデータマート、レガシーBIアプリケーション、Microsoft Excelのレポートでは対応できませんでした。 テラデータのおかげで、ヨーデルはデータと分析プラットフォームを統合・導入し、すべてのデータを社内外のクライアントがアクセスしてリアルタイムの分析ができるようにしました。 データをまとめ、分析アーキテクチャをシンプルにすることで、ヨーデルは標準的なレポートやセルフサービスのレポート、アドホックな分析機能、そしてロジスティクスの最適化に関する洞察を得ることができました。 これによってヨーデルは、配送コストやルート、収益性を1つの小包に至るまで把握し、最適化できています。

データソース

ジオロケーション

ドライバーと配送車の状況を常に把握します。

天気

雨、濃霧、気象警報などにより、配送サービスに影響する場合があります。

小包データ

小包のスキャン情報とその具体的な位置情報(デポ、仕分けセンター、配送車)。

交通パターン

一日の交通密度に応じてドライバーを再配置します。

時間

時間に厳密で、SLAの時間を順守する。

顧客データベース

契約、SLAの合意、サービスボリューム。

ヨーデルの「ビジネス・コントロール・タワー」は、24時間365日、オペレーション全体をリアルタイムで可視化します。

これにより、正確かつタイムリーなデータに広くアクセスでき、追跡の改善や配送ドライバーへの注意喚起が可能になります。 ビジネスの変化に対応できるようになり、俊敏性、応答性、感性が向上します。データを使用してロジスティクスを最適化し、ビジネス上の意思決定に情報を提供します。 これがパーベイシブ・データ・インテリジェンスの力です。

取り組みの達成

ヨーデルは、ドライバーのルートを分析し、ETAの取り組みに対するパッケージの配送時間を予測することで、活動基準原価計算(ABC)を個々の小包レベルできめ細かく実行しています。 ヨーデルでは、「Xpect Performance」の値が2~3%向上しました。同社はここで定めた時間枠内での小包の配達を約束し、この時間枠内での配達を維持しています。

ヨーデルが導き出した答えとは:

ミスのない配送ルートの実現、1日あたり5,500件

その他のお客様の導入事例