ユニリーバ

Vantage on Azureを使用して、120年継続してきたイノベーションをクラウドに移行

毎日、25億人以上の人々がユニリーバの製品を使って、気分よく、身だしなみを整え、人生をより豊かに過ごしています。

ユニリーバは、ビューティ&パーソナルケア、ホームケア、食料品などの製品を提供する世界有数の企業です。 Dove、Magnum、Knorrなどの象徴的なグローバルブランドから、Love Beauty &Planet、Hourglass、The Vegetarian Butcherなどのブランドまで、ユニリーバには持続可能な生活を一般化するユニークなビジネスチャンスがあります。

「1883年に創業者が英国で発売した「サンライト・ソープ」は、先駆的かつ革新的な商品で、一般の人々に手の届く価格帯で清潔さを普及させるという目的を持っていました。 これは当時としては、持続可能な生活だったのです。 現在当社には、400を超えるブランドがありますが、今も目的が原動力になっています」アンディ・ヒル、グローバルバイスプレジデント、データ・分析部門。

ユニリーバ を数字で指定

€507億

2020年の総収益

400

世界各国の家庭で使われているブランドの数

25億

一日あたりのユニリーバ製品の使用者数

190

製品が販売されている国

データが中心に据えた、510億ユーロのビジネス。

ユニリーバのビジョンは、持続可能なビジネスのグローバルリーダーとなること、そして目的主導で未来に適合したビジネスモデルがいかに優れたパフォーマンスをもたらすかを示すことです。 同社には先進的かつ責任あるビジネスを行うという長い伝統があります。 その起源は、100年以上前に世界初のパーパスブブランド「サンライト・ソープ」を発売した創業者William Leverの時代にまでさかのぼるもので、現在も同社の経営の根幹をなしています。

Unilever Compass

ユニリーバの持続可能なビジネス戦略であるUnilever Compassは、優れたパフォーマンスの実現と、持続可能で責任ある成長の促進を目標としています。

  • 地球の健康を改善する
  • 人々の健康、自信、幸福を改善する
  • より公正で社会的に包摂的な世界への貢献

「当社のデータ戦略は、企業戦略を実現するための重要な要素です。 私たちの成長を考えるとき、つまり、より強いブランドを構築する方法、顧客や消費者との関わりを深める方法、事業運営を改善する方法を考えるとき、それら一つ一つの中心にはデータと分析があるのです」(ヒル氏)。

アンディ・ヒル、グローバルバイスプレジデント、データ・分析部門

グローバルに競争し、中核市場、新興市場、高成長市場での成長を加速するには、ユニリーバは過去の洞察に依存する記述的分析から、予測分析へと移行する必要があります。

オムニチャネルや直販による消費者の購買行動の変化や、最近の製品トレンド(植物由来の製品やオーガニック製品など)により、消費者のニーズを十分に満たすためには、データや高度な分析をさらに有効活用することが求められます。

「私たちの根底をなす目標の一つは、ユニリーバのデータをインテリジェントにすることであり、すべてのビジネス上の意思決定をデータでサポートすることです。 ツールやテクノロジーが成熟するにつれ、私たちはこの意思決定をさらに高度な分析でサポートし、ビジネス全体にわたって分析やAIを予測的かつ処方的に活用していきたいと考えています。」

ユニリーバの目標である予測分析と処方分析を強化するには、さまざまなデータタイプのデータソースを統合できる最新のクラウドアーキテクチャが必要です。

「私たちは、データをあらゆる場所で利用できるようにして、より迅速で優れた意思決定を可能にする必要があります。ここでは社内外のデータ、構造化データ、非構造化データの両方を活用して、マシンラーニングや処方的分析機能で人間の意思決定をサポートする必要があります。」(ヒル氏)

この内部データには、販売情報、予測情報、サプライチェーン情報などが含まれます。 外部データは、小売店、卸売業者、流通業者などのパートナーから統合されるもので、売上、需要、在庫のより良い全体像の把握と、将来の製造ニーズをより正確な予測ができるようになります。

Teradata Vantage on Azureは、エンタープライズ分析に対応したコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームです。

ユニリーバは、マーケティング、セールス、サプライチェーン、人事、その他の事業のデータを接続するために、Teradata Vantage™ on Azureを採用しました。

「ユニリーバは、Teradata Vantageプラットフォーム上で27のビジネスサービスを展開しており、230TBを超えるデータを活用して、財務、販売、サプライチェーン、人事をサポートしています。これにより、約数千人のユーザーが毎月数千、数百ものレポートを実行し、組織の効果的な運営に必要なビジネス上の意思決定を行うことができています」(ヒル氏)。

ユニリーバは、最新のクラウドを実装することで複数のメリットを実現しました。 新たに獲得した俊敏性により、ユニリーバはユーザーからの要求に応じて規模を拡大・縮小することができます。

「クラウドは、オンプレミスでは実現が難しいレベルの柔軟性を備えています。 これにより、ハードウェアの調達、インストール、保守などの煩雑な作業を行うことなく、ボタン一つでインフラストラクチャを拡大・縮小することができます。」(ヒル氏)。

ヒル氏はまた、クラウドに対する一般的な所感についてこう述べている。「クラウドを利用することで、初期段階でのインフラ資本への支出を回避できるため、より付加価値の高い活動に充てることができるんです。」

ユニリーバのような規模のクラウド移行は複雑性を伴います。

オンプレミスからクラウドへの移行であれ、クラウドプロバイダー間の移行であれ、クラウドへの移行はデータ移動以上の意味を持っています。 複雑なデータ分析のエコシステムを持つ組織には、データプラットフォームに供給または依存する多くのシステム、サーバー、アプリケーション、ツールがあります。 クラウドに移行する際には、これらすべてを考慮する必要があります。

当社の環境の規模と重要性を考えると、移行は非常に複雑な作業であり、終了までに約9ヶ月を要しました。 テラデータだけでなく、プラットフォームの運用に欠かせない80台以上のサーバーも移行刷る必要がありました。」(ヒル氏)。

ユニリーバは、Vantage on Azure へのクラウド移行を成功させましたが、その際には、データのつながりや依存関係を特定する事前計画が必要でした。これにより、移行後もプラットフォームが継続して稼働し、ビジネスユーザーには違いがわからないほどスムーズな移行を達成しました。

「私たちが直面した主な課題は、その移行の規模に尽きます。このような複雑なプラットフォームをクラウドに移行し、必要なテストを行い、本番のカットオーバーを許容可能な時間枠内で実現するためのロジスティックスには、非常に大きな労力を必要としました。」(ヒル氏)。

120年間続くイノベーション。 プラットフォームをクラウドに移行。

1883年に食器用洗剤で創業して以来、今日では190カ国で400のブランドを展開していますが、イノベーションはユニリーバの目的の中心となっています。 クラウドは、今後何年にもわたってユニリーバの次世代イノベーションを象徴するものです。 「私たちは120年以上にわたり、パイオニア、イノベーター、そして未来を創造する取り組みを続けてきました。 この取り組みは今後も継続していきます。 これこそが当社のビジネスを推進する原動力なのです」(ヒル氏)。 “We’ve been pioneers, innovators and future-makers for over 120 years. We plan to continue doing that, and we plan to do it sustainably. This is how we will grow our business,” Hill concluded.

その他のお客様の導入事例