U.S. Bank

AIとMLを使用して銀行業務をパーソナライズします。

U.S.バンクのロゴ

お客様の手足となって働く銀行。

指紋は当人固有のものです。 米国には3億人以上の人々がいますが、同じ指紋を持っている人は誰もいません。 指紋と同様に、U.S.バンクは、銀行業務と金融のニーズと期待がお客様ご自身だけのものであることを認識しています。

AIは、大規模な深いパーソナライズを作成します。

U.S.バンクは、「何が顧客を固有の存在にしているのか」と「経済的成功を改善しようとする際の顧客体験」を理解しようとして、AIとMLを使用しています。顧客の銀行業務体験を予測し、深くパーソナライズして、顧客の金融ニーズに新製品とより優れたソリューションをもたらし、最終的には顧客の一歩先を行っています。

U.S. Bank を数字で指定

4,670億ドル

2018年の資産

226億ドル

2018年の 総純収入

2,810億ドル

2018年の 総融資額

74,000+

従業員

銀行口座で不正利用が疑われるという被害者になったことがある場合、それが苛立たしく破壊的な経験であることをご存知でしょう。

U.S.バンクは、お客様への影響を最小限に抑え、より迅速にアクセスを再開することができます。不正行為をロックアウトする一方で、アクセスのロックを解除します。 そのためには、顧客のタッチポイントを含むあらゆるデータを分析し、顧客と不正行為を行う人物を識別する不正分析を行います。 不正アクセスをする詐欺師は、モデルが反応するのと同じくらい速く反応して対応します。 3か月前に機能したモデルは、今日は機能しない可能性があります。 U.S.バンクは、詐欺師よりも賢く、高速でなければなりません。そこでMLが活躍します。 AIを活用して、あらゆるタッチポイント、あらゆるビジネスライン、あらゆる機能を改善し、銀行業務の経験をよりよく予測し、パーソナライズすることに努めています。

シニア・バイスプレジデント兼、AIリーダーであるDavid Berglund氏は、この不正分析のAIの旅を、「問題を難なく解決するシームレスなスペクトル」と呼んでいます。 すべてのチャンネルとプロセスが検討されています。

このアプローチにより、AIとマシンラーニング(ML)を使用して次のことが可能になります。

  • U.S.バンクの使命
  • 顧客体験とより良い製品の構築
  • 財務および個人顧客の大幅なパーソナライズとスケーリング
  • 不正と内部運用コストの削減
U.S.バンクが導き出した答えとは:

パーソナライズされた安全な銀行取引

デジタル時代において、お客様との関係は非常に重要です。 U.S.バンクは、テラデータを活用することで、人工知能やマシンラーニングによる不正分析を利用して、顧客の銀行体験を予測し、深くパーソナライズすることで、新商品や改良されたソリューションを提供しています。

その他のお客様の導入事例