ラリー・H・ミラー(ユタ・ジャズ)

クラウド分析を使用して、ホームゲームが行われる5時間で、優れた顧客体験を実現します。

詳しく見る
ラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメントのロゴ

ユタ・ジャズは、最新のクラウドを用いて、優秀な顧客体験を生み出しています。

スポーツチームの優秀な成績は、記憶に残るファン体験を生み出すための一要素に過ぎません。 強豪スポーツチームであっても、1つの要素が成功要因となることは稀です。 成功はさらなる成功を生みます。 ユタ・ジャズのファンにとって、魅力的な顧客体験は、ユタ州ソルトレイクシティにあるビビント・スマート・ホーム・アリーナの駐車場に到着した瞬間から始まっています。 これには大きな影響力があります。 ゲームを観戦している間はもちろんのこと、アリーナを出るまでの間も、ファンの皆さんとの関わり方は多岐にわたります。 これには次の理由があります。 ユタ・ジャズやビビント・アリーナのオーナーであるラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメントは、記憶に残る顧客体験の実現が顧客ロイヤルティを高めることを理解しているからです。 NBAチームを応援するファンの皆さんが、試合を観戦しに来てくれるのは、この顧客ロイヤルティによるものです。

レギュラーシーズンで年間41回のホームゲームを開催し(COVID-19の影響を受けた年を除く)、顧客体験を最大化しています。

平均的なバスケットボールの試合時間は3時間です。ファンの皆さんが試合開始の1時間前に到着し、試合終了のブザーが鳴ってから1時間後に帰宅することを考えると、ラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメントは、5時間分のデータ分析を使ってお客様を喜ばせ、驚かせることができるのです。 柔軟なプラットフォーム上でマシンラーニングや人工知能を用いた最新のクラウド分析を活用することで、ビジネスのペースに合わせて分析ワークロードを拡張できます。

ダスティン・スパングラー、データ・分析部門バイスプレジデント

ダスティン・スパングラー バイスプレジデント、データ・分析部門

ラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメントの、データと分析部門のバイスプレジデントであるダスティン・スパングラー氏は、20年以上にわたり、企業がビジネスインテリジェンスや分析の目標から価値を引き出すための支援を行ってきました。

ラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメント(LHM)の考える顧客体験とは、顧客満足度の向上、ロイヤルティの創出、一人当たりの顧客消費額の増加を導いてくれるものです。

ファンの皆さんの顧客体験は、チケットを買ったときから始まっているのです。 テラデータの最新型クラウド分析を使用してマシンラーニングや人工知能などのテクノロジーを活用することで、LHMはファンの属性を利用して顧客の分類とクラスター化を行い、自律的に最適化することで、ターゲットに合わせた適切な顧客体験やプロモーションを実現しています。います。

「ファンの皆さんの体験を向上させるために様々な取り組みを実施していますが、ビジネスの面ではアリーナでファンの皆さんが消費する金額を増やすことを目指しています。 場合によっては、タイムリーな販売促進を反応すると思われる客層に向けて発信することもあります。」

ダスティン・スパングラー、データ・分析部門バイスプレジデント、
ラリー・H・ミラー・スポーツ&エンタテインメント

ソーシャルメディア、デジタル、CRM、テレコ、チケット、WIFI、ビーコン、カメラデータなど、80以上のデータソースが統合されています。

社内外のデータソースを1つのクラウド分析プラットフォームに統合することで、顧客の人物像と、どのような顧客体験を求めているのかを完全に把握するための基盤が形成されます。

「データと分析を使用して、コートから離れた席で試合を観戦したファンを調べたところ、2つの客層があることがわかりました。

シーズンチケットを購入し、ほぼすべての試合に来てくれる熱心なファンや、友人や家族にチケットを共有するファンがいます。 一方では、シーズンチケットを大量に購入して、2次、3次の市場に流通させる層もいます。 私たちは、実際に試合を観戦した最終消費者が、実際にいくら支払ったのか、そして全体的にどのような体験をしたのかを調べています。 私たちは中間マージンを少しでも削減したいと考えているため、戦略的に転売目的で購入する層には価格を上げ、真のファンである顧客には低価格を維持しています。」

そして、LHMはモバイルアプリを使って、アリーナ内のチームストアや飲食店などの売店を利用する際に、ファンのプロフィールに基づいた関連性の高いタイムリーなオファーを通知します。

LHMでは、すべての顧客インタラクションや取引で、顧客セグメントや顧客行動をより詳細に把握することができます。 人工知能は、社内外のデータソースを用いて事前に定義・学習したパターンで構築された固有・共通の属性に基づいて、顧客セグメンテーションを実行します。 マシンラーニングを活用することで、セグメントや顧客の分類が改良されます。 一方、パス分析では、複数の顧客インタラクションを統合して、特にシーズンチケットを保有する顧客の離脱につながる可能性のある摩擦ポイントを特定します。

最新のクラウド分析に対応した Teradata Vantage on AWS

LHMの多様で周期的な特徴を持つ環境では、ファンの到着からチップオフ、最後のブザー、そして最後のファンがアリーナを去るまでの5時間という短い時間の中で、顧客インタラクションによる分析作業が次々と行われます。 最新のクラウド分析プラットフォームを探し求め、その結果として迅速なスケールアップとスケールダウンが可能な柔軟性と弾力性を備えたTeradata Vantage on AWSにたどり着きました。

「クラウドは、強力な柔軟性をもたらします。 市場の変化に対応するという点では、可用性に余剰能力をもたらし、クラウド上で複数のアプリケーションや複数のサービスのやり取りができるため、よりシームレスに、より簡単に導入することができます。」

分析を探求する取り組みは、テラデータを活用することで加速しました。

Teradata Data Labは、新規データと既存データの組み合わせを探索・検討するためのパワーと自由度をユーザーに提供し、新たなトレンドの特定や洞察の発見、緊急性の高いビジネス課題の解決に役立ちます。 「何が起きたのか」(記述的分析)や「何が起きているのか」(処方的分析)、「何が起こりうるのか」(予測分析)などの分析の種類を問わず、LHMにはビジネスアナリストやデータサイエンティストが必要とするマシンラーニングやAIを大規模に実行できる最新のクラウド分析が必要です。

「誰もが人工知能やマシンラーニングに移行して、人間の目には見えないパターンを理解し、見ることができるようになりたいと思っています。 VantageでマシンラーニングやAIを活用することで、アイデア洞察、答えを導き出すまでのプロセスをスピードアップすることができます」。

「単にデータを収集するだけではなく、アプリケーションや他のサービスを介して洞察を追加したり、アクションを起こしたりできるような取り組みを続けています。

これがスケールアップのポイントになるのです。 試合の3時間で必要になるかもしれませんし、次の日にもう不要になってしまうかもしれません。 従量課金制の魅力は、テラデータのワークロードマネジメントの優れた機能をすべて利用できることです。 しかしコスト管理やシステム管理の制約を受けないスケールアップが必要な場合は、自動スケールアップを適用することで、シンプルかつ簡単に思い通りの運用を実現できます。」

ユタ・ジャズとラリー・H・ミラー・スポーツ&エンターテインメントの文化を成功に導くための要件には、従量課金制を採用しているTeradata Vantage on AWSが最適でした。

これから先も、マシンラーニングやAIを活用できる素晴らしい機会があることでしょう。 ラリー・H・ミラーは、高度な分析能力を高めることで、データを資産として扱い、意思決定に素早い洞察力を与える新しい方法を見出し、ユタ・ジャズをランキングの上位に保ち、強豪チームにふさわしい顧客体験を創造しています。

その他のお客様の導入事例