クラウドデータ共有が簡単に

データの価値を最大限に引き出すには、データを簡単に利用および共有できる必要があります。

データ共有により、社内の他の部署やビジネスパートナーがデータにアクセスできるようにしたり、マーケット全体で一般に利用できるようにすることで、現代のエンタープライズは新しいビジネス価値の創造を促進できます。

共有データへの安全なアクセスを容易にし、クラウドオブジェクトストア、およびAWS Data ExchangeやAzure Data Shareなどのデータ交換やマーケットプレイスで、オープンフォーマットで行えるようにすることは、企業がこの目標を達成するための鍵です。

より多くの社内および社外ユーザーが容易にデータにアクセスできるようになれば、ビジネス上のメリットも増大します。 データを共有することで、企業は製品やサービスを改善し、市場での位置付けを強化することや、共有データの収益化により新たな収益源を生み出すことさえできます。

営業とつながる

データを共有する3つの主な方法

分析環境でのデータ共有方法は、通常、3つの主要なカテゴリに分類されます。 それらのカテゴリは次のとおりです。

  • オープンマーケットプレイスの使用。 クラウドベンダーのデータ交換機能との統合により、プロバイダーと利用者はクラウドベンダーの既存のエコシステムを活用して、プライベートまたはパブリックにデータを共有して利用できます。

  • ストレージの共有。 オープンフォーマットのオブジェクトストアで共有データセットを利用できるようになり、ユーザーがアクセスできるようになっています。

  • データベースまたはデータウェアハウスを介したインプレース共有。 共有データ利用者は、BIツールを使用してデータベース内のデータの単一コピーに直接アクセスできますが、より一般的にはフロントエンドポータルを介してアクセスします。

方法に関係なく、Teradata Vantageを使用すると、社内、事業部門、および社外でデータを簡単に共有できます。

カタログを入手する

お問い合わせください。

Teradataにご相談ください