Teradata Vantage™のコンサンプション・プライシング

ゼロコミットメントで使用に応じて支払う

使用した分だけ支払う

Vantageのコンサンプション・プライシングは、クラウド分析への最新アプローチです。 ご利用分だけお支払いいただくため、投資と成果を一致させます。

部門ごとにコストを簡単に追跡して、使用の透明性を確保します。  スケーリングは自動的に行われますので、ソルーションの順応性をご利用いただけます。 前払い金ゼロ、金銭的義務もゼロの最高の分析のご利用を実現します。

description
データシート
Teradata Vantageのコンサンプション・プライシング

消費の透明性とソリューションの弾力性を備えた従量課金ソリューションであるVantageのコンサンプション・プライシングについて

詳細をみる
  • メリット
  • 特性
利用時支払い

利用した分だけお支払いいただき、能動的に購入されていないものについては、お支払いいただきません。

使用量の透明性

使用状況を簡単に追跡し、部門ごとに公平にコストを割り当てます。

ソルーションの順応性

インフラストラクチャーや容量計画は、テラデータの責任になりますので、お客様にそれらについて心配不要です。

使用した分だけ支払う

お客様が問合せやロードのために使用された計算およびストレージは、価格を決定するただの要素にすぎません。

自動スケーリング

リソースは必要に応じて計られ、お客様は、利用者デマンドまたは利用を予測する必要はありません。

パブリック・クラウド・チョイス

展開に、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)かマイクロソフトAzureを選択ください。

As-a-service のメリット

As-a-serviceのメリットは4つの領域に及びます。 パフォーマンスには、分析投資から最大の価値を引き出すことが含まれます。セキュリティは、プライバシーとコンプライアンスに関する安心を提供します。 可用性により、稼働時間が長くなり、ユーザーの生産性が向上し、ビジネスの継続性が向上します。 運用は、常に最新リリースを使用するなど、IT環境に必要なすべての日常タスクをカバーします。

Vantage ユニットとストレージ・バイト

問合せやロードのCPU使用量を基に、Vantageユニットは、計算用購入メトリックです。 ミリ秒まで計られ、一時間ごとにまとめられます。 お客様が実施される成功裏に完了したクエリ、およびロードのみ、測定されます。 競合他社が、テクノロジーの都合で失敗したものも含めて、あらゆるクエリに対して請求するのに対し、テラデータは、お客様が実施される成功裏のクエリ、およびロードのみ請求します。 ストレージは、実際の粒度で各バイトまで測定され、お客様データを圧縮することなく、週ごとに計られます。

容量とコンサンプションの比較

従来の容量ベースのモデルでは、クエリはシステムで実行されているかどうかにかかわらず、使用可能なリソースに対して支払います。 運用運用分析など、使用率が高いまたは非常に予測可能なワークロードには、容量ベースが最適です。 対照的に、コンサンプション・プライシングは、基盤となるシステムのサイズに関係なく、実際の使用量のみに基づいています。 コンサンプションベースでは支払額は使用されるリソースの量と正確に一致します。

誓約とオンデマンド・オプション

Vantageのコンサンプションのメリットは、二点あります。 誓約は、組織が経年(例、1年間または3年間)引き落とす、購入前のコンピューティングおよびストレージ使用量です。 誓約は、既知または予測可能なワークロード、中程度から高い使用率、および予算の予測可能性に最適です。オンデマンドにより、顧客は金銭的義務や前払いゼロから始めることができます。 必要に応じてし利用量を調節でき毎月後払いでお支払いいただけます。

クラウド分析への最新アプローチの詳細

お問い合わせ