Subscribe to the Teradata Blog

Get the latest industry news, technology trends, and data science insights each week.



テラデータはソリューションやセミナーに関する最新情報をメールにてご案内する場合があります。 なお、お送りするメールにあるリンクからいつでも配信停止できます。 以上をご理解・ご同意いただける場合には「はい」を選択ください。

テラデータはお客様の個人情報を、Teradata Global Privacy Policyに従って適切に管理します。

製品サイクルからデジタルスレッドへ

製品サイクルからデジタルスレッドへ
「ビッグテック」企業はデータをビジネスの中心に据えることの価値を証明しました。この新しい、動きの速いテクノロジー主導のビジネスモデルの到来は、過去10年間に多くの業界をディスラプト(破壊による変革)させてきました。この新しいモデルは、旅行、金融サービス、小売業など多様な業界でディスラプトを繰り返しています。成功した企業は、企業全体、製品やサービスのライフサイクル全体のデータをリンクする デジタルスレッド を構築しています。

最近まで、自動車業界はディスラプトを先取りし、研究開発、コスト効率を極め、サプライチェーンと製造プロセス全体での規模の論理により収益性の高い成長を遂げてきました。しかし、COVID-19のパンデミックによって悪化した世界的な経済と技術の傾向は、これらのアプローチが勢いを失っていることを意味します。さらなるコスト削減の必要性とのバランスを取りながら、同時により高い柔軟性と敏捷性を実現するには、新しいアプローチが必要です。自動車会社は、データを競争力のある資産として編成、統合、および活用する方法を再考する方法を、銀行や小売などの業界で変革し、生き残り、繁栄してきた企業から学ぶことができます。

移動するデータ

1世紀以上の研究開発において、生産ラインとサービスおよびスペアパーツは、自動車業界のビジネスプロセスのモデルに3つの異なるフェーズを提供してきました。各段階で大量のデータが収集されますが、スマートマシン、車両内のセンサー、顧客とのやり取りから収集したデータは、統合されず、サイロ化しています。車両は、設計、計画、製造、販売、および使用される物理的な経路に沿って移動しますが、各ポイントで生成および使用されるデータはそれぞれのプロセスに紐づいてサイロ化しています。データは切断され、断片化され、まれに、またはランダムに共有されたり、単一のマシン、サブプロセス、プラントなどを超えて結合されたりします。

「データは20~30年にわたって備蓄されています。一方、当社の主なツールは、PowerPoint、メール、時にはエクセルです」 - 自動車OEMのお客様のグローバルサービスマネージャー

今日のデジタル経済で競争するには、新しいモデルが必要です。自動車企業のリーダーは、データを単一の包括的で完全かつ正確な企業資産として接続する「デジタルスレッド」を作成する必要があります。これには、あらゆる機会に詳細なデータを収集するだけでなく、さまざまな部門またはさまざまなシステムによって保持されているサイロを解消して、すべてのデータを組み合わせ、分析し、価値を生み出すために使用できるようにすることが含まれます。

「デジタルスレッド」は、データを単一の包括的で完全かつ正確な企業資産として接続します。

今日、断片化されたデータはイノベーションと新しいビジネスモデルの展開を妨げています。グローバル市場で競争するために必要な新しい効率、コスト削減、柔軟性と敏捷性はすべて、統合されたデータに依存しています。多くの人が機械学習とAIにすぐに目を向けますが、自動車ビジネスはまず、繁栄するための適切なコンテキストとデータ環境を作成する必要があります。実稼働規模でそれらをサポートするための適切なプラットフォームがないため、非常に多くのデータ分析プロジェクトが失敗するか、概念実証段階で立ち往生したままになります。データを単一の資産として調整、統合、管理するという本質的な最初のステップがなければ、個々のプロジェクトは素晴らしいものですが、業界を統合されたデジタル世界に移行するために必要なデジタルトランスフォーメーションを実現することはできません。

レポートから予測まで

デジタルスレッドの概念は、ボトルネックを克服し、ライフサイクルまたはプロセスフローの一部からのデータが別のシステムで使用されるデータとして手動または半手動の作業に取って代わり、あるシステムから別のシステムへデータを連携することで、データのコピー、さらには紙ベースの転送を削減します。ただし、その効果はより根本的なものです。データの粒度と規模は、インダストリー4.0の変革、カスタマージャーニー、および製品開発プロセスのデジタルトランスフォーメーションの基盤です。自動車業界のリーダーは、データをビジネス情報やレポートとして見ることから、既存のプロセスに段階的な改善をもたらし、ビジネスモデルを完全に革新する分析的アプローチの原動力になりつつあります。真の価値は、デジタルスレッドがビジネス全体からの関連データを接続して、まったく新しいアプローチと価値の源泉を明らかにするときにもたらされます。より先見の明のある人々は、これらのデジタルスレッドを企業全体だけでなく、サプライチェーン、さらには消費者やその他の利害関係者にまで拡大する機会と可能性をすでに認識しています。

データの粒度と規模は、インダストリー 4.0 の変換の基盤です。

小売業から金融業までの現代の企業は、デジタルスレッドと、それらを管理および維持できるエンタープライズデータプラットフォームを作成することが、関連性と競争力を維持するための基盤であることを発見しています。ビッグテック、そしてますます金融サービス、小売、その他のセクターの傑出したリーダーは、関連データをビジネスの中心に置き、リアルタイムの予測分析を大規模にサポートする分析プラットフォームを構築しています。

デジタルスレッドの概念には、業界全体の変革に直面している自動車ビジネスにとって、複数のアプリケーションと利点があります。この一連のブログでは、過去10年間に急進的、高速、影響の大きい変化に適応することを余儀なくされたビジネスの経験が、現在直面している自動車ビジネスにどのように役立つかを探ります。デジタルスレッドがどのように顧客体験を改善し、アフターマーケットでデータを収益化するのを助け、効果的なスマートファクトリーと非常に効率的でありながら柔軟なサプライチェーンを支えるのかを見ていきます。

静的なリソースとしてではなく、生きた資産としてデータを再考することで、持続可能なコストメリットを推進するだけでなく、新しい収益源と新しい消費者の需要を生み出して満たす方法を生み出す機会が開かれます。
Digital-Thread-process-copy.jpg
 
Portrait of Robert Widell

(Author):
Robert Widell

Sr. Industry Consultant with a strong focus on the automotive industry. Robert has been with Teradata since August 2017 and joined from the Volvo Group where he spent 13 years in a number of roles, predominantly within Product Strategy and Planning for Trucks, Powertrain and the former Aerospace business unit. Robert was lastly responsible for the Volvo Group long term roadmap for heavy duty trucks as well as leading a team of senior product planners delivering strategic investigations and project pre-requisites. During his time at Volvo Group, he was also deeply involved in formulating strategies and business models related to connectivity, automation and electromobility. He has a wide experience from commercial vehicles, as well as from passenger cars based on spending 9 years within product planning, product development and as a business process manager within General Motors prior to joining the Volvo Group. View all posts by Robert Widell

Teradata Vantageを使用して、複雑なデータと分析を回答に変えましょう。

お問い合わせ