テラデータ、2021年版ESGレポートを発表

2022年8月23日 | サンディエゴ発

年間の温室効果ガス排出量(GHG)を大幅に削減、ESGへの積極的な取り組みは引き続き評価獲得

[202283日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

テラデータNYSETDC)は、2021年度ESGレポートを発表しました。テラデータは、環境持続性への取り組み、多様性、公平性、包括性の促進、そして従業員の暮らし働くコミュニティへの貢献活動を積極的に行っています。また事業のあらゆる側面で、社会と地球への影響に責任をもって倫理的に運営する取り組みを推進しています。本レポートにおいてこうした活動を紹介しています。

 

「テラデータでは、データが世界をより良く変えられると信じています。当社の主力製品であるデータ分析プラットフォームTeradata Vantageは、お客様のESGにかかわる目標を大規模に達成できるよう支援しています」と、テラデータの最高経営責任者であるSteve McMillanは述べています。「しかし、高いESG目標を掲げているのは当社のお客様だけではありません。当社は企業の社会的責任への取り組みを真摯に受け止め、それが当社の長期的なビジネス展望に大きな影響を与えることを理解しています。テラデータの社員は、地球環境の課題に対応するように努め持続可能な未来社会を創造するために協力し、誰もが成長できる文化と職場環境を育み、強力で活気あるコミュニティを構築するために、すべてのビジネス取引において倫理的に行動し、日々責任ある地球市民としての活動することを大切に考えています」

 

2021年版ESGレポート全文はこちら

 

 テラデータの2021ESGレポートのハイライト

気候変動への取り組み:

2021年、テラデータは、科学的根拠に基づき、自社から排出する直接及び間接的なGHG排出量(GHGプロトコルに設けられた排出量区分スコープ1および2)を、2018年を基準として2033年までに37%削減する削減目標を設定しました。コロナ感染拡大時期には継続的にオフィスを閉鎖、リモートワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッド・ワークプレイスへの早期移行を実現、またデータセンターの統合に加え新たなエネルギー戦略の実施など、さまざまな取り組みを総合的に実施し、スコープ1と2におけるGHG排出量を43%削減に成功しました。予定より12年も早く、目標を8%上回る成果を達成しました。また、テラデータは、ネット・ゼロ・エミッションの目標を発表し、この目標を達成するための科学的根拠に基づく計画とタイムラインを策定しています。

 

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)への取り組み

2019年からテラデータは、職場における多様性と包括性を推進するため、グローバル組織のCEOが主導するビジネスコミットメントである「CEO Action for Diversity & Inclusion」に参加しています。2020年には、当社経営陣向けに「Teradata Pledge to Diversity, Equity, and Inclusion」を作成しDEIへの取り組みに対するコミットメントを示しました。そして2021年には、この取り組みを全社員に広げました。また、帰属意識の高い企業文化を創造するという目標のもと、誰もが自分の潜在能力を最大限に発揮できる安全でコラボレーティブでインクルーシブな環境を育成するためにDEIアドバイザリーボードを設立しました。

 

リーダーシップとガバナンスへの取り組み:

2021年、テラデータは、組織全体の各部門のシニアリーダーで構成される「企業市民評議会」を設立、ESGプログラムを企業組織として取り組むオフィシャルなプログラムと位置付けました。最高法務責任者と最高財務責任者がエグゼクティブ・スポンサーとなり、評議会の運営を監督しています。この部門横断的なグループは、テラデータのESGへの取り組みにおける優先事項および目標を特定、調整、測定、推進するために協力しています。

 

また、テラデータは、以前から作成しているGRI/SASBベースのレポートをさらに強化するため、TCFDベースの報告指標を新たに追加し、ESGの取り組みへの説明責任を高めています。

 

現在の報告指標は以下の通りです。

GRI: Global Reporting Index(グローバル・レポーティング・インデックス)

SASBSustainability Accounting and Standards Board(サステナビリティ会計基準委員会

TCFDTask Force on Climate-Related Financial Disclosures(気候関連財務情報開示タスクフォース

 

ESGにおける評価:

テラデータは長年にわたり、サステナビリティと責任ある企業市民であることに注力してきました。Dow Jones Sustainability World IndexHuman Rights Campaign2021 Corporate Equality Indexに選ばれたのをはじめ、Ethisphere InstituteWorld's Most Ethical CompaniesBarron's Top 100 Sustainable Companiesなどに選出されるなど、ESGへの継続的な取り組みが評価されています。

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る