モノのインターネット(IoT)

大規模かつコンテキストに応じた複雑な分析を必要とするセンサーデータとIoTデータ

モノのインターネット(IoT)がもたらす混乱と変革について、誇張して世間に伝わっていることは確かです。 それに加え、センサーデータや機器データについて明確な投資効果や計画を持たない企業は、IoTを話題にはすれど、実践することはありません。 あらゆる機器が止むことなく情報を発信し続ければ、ビッグデータはITと分析の担当者たちにとっては押し寄せる脅威です。 適切なデータアーキテクチャの設計と統合、堅牢なIoTデータ分析プラットフォームの確立、そして相応しいチームの立ち上げを行う企業にとっては、IoTは次なるブームではなく、目まぐるしく動く市場で競争力を保持するために不可欠なものです。

videocam
ビデオ
センサーと機器の先に眠る、真のビジネス価値

お客様の機器だけでなくリアルタイムのデータストリームやウェブ分析に対してもインテリジェントな手法を採用した、AoTに対するテラデータの取り組みをご覧ください。

IoTとは、インターネットに接続でき、他の機器を認識して相互に通信可能な機器と物理的物品(「モノ」)からなる巨大なネットワークのことです。 しかし状況に応じて変化するデータを取得、管理、精査する基準がなければ、センサーデータから得られる価値はそのわずかな断片にすぎません。 テラデータは次の4つの主力分野を拠り所として、お客様がデータから戦略的な決断を下せるようサポートします。

IoT

モノのインターネット(IoT)

センサー対応機器の増加により、生成されるデータ量はさらに増え続けます

AoT

モノのアナリティクス(AoT)

加工されていないIoTデータストリームからコンテキストとインサイトを得るには、AoT分析が必要です

IoT戦略

IoT戦略

テラデータのIoTエキスパートが、IoTデータから価値を創出するお手伝いをします

業界における専門知識

企業情報がデータサイエンティストにとってのIoTデータの有用性を高めます

次のセクション:

IoTはテラデータにお任せください

テラデータ採用の理由

IoTに関する経験値と複雑な分析を大規模に扱える専門性

テラデータは、世界トップクラスの企業が、その規模とスピード、複雑さにおいて最大級のデータセットから意味のあるインサイトを得ることができるようサポートしています。 テラデータのIoTエキスパートが、堅牢なIoT戦略やアーキテクチャからIoTデータの分析やトレーニングに至るまで、お客様のIoTデータからの価値創出の実現をお手伝いします。 Gartnerの調査によると、企業の80%がIoTに関する明確な目標を持たず、狭い用途で分析範囲も限定的です。 デラデータは、企業が連携を欠いたあるいは視野の狭いIoT分析プロジェクトから抜け出し、高度に統合されたビジネス主導のIoT運用に踏み出せるよう支援します。 テラデータにはIoT応用に関する豊富な経験と深い業界知識、さらには大規模で複雑な分析についての幅広い専門知識があるため、IoTへの投資から持続可能な価値を引き出すことが可能です。

IoTが世界を変える
今すぐ読む
insert_drive_file
記事
IoTが世界を変える

IoTによって実現が見込まれていた多くの可能性は、いまだすべてが果たされたとは言えません。 それはなぜか。 その原因は短期的な思考であると、テラデータのNiall O'DohertyとMITの Erik Brynjolfsson氏の二人が論じます。

記事を読む

IoTアプリケーションやソリューションを利用することで、製品の設計や製造、顧客との関わり方やサービス、運用の監視や管理についてまったく新しいインサイトを得られるようになった今、IoTによって世界のあらゆる主要産業が変貌を遂げています。 テラデータは次のような点で他社とは異なります。

中心にあるもの

中心にあるもの

テラデータが目指しているのはただ一つ、お客様がデータと分析を駆使してビジネス目標を発展させるお手伝いをすることです

UDA

Unified Data Architecture

最適なオープンソース技術とデータ実行を融合させます

スケール

大規模な分析

高度かつ拡張性のある分析を備えたIoTソリューションを、お客様が保有するすべてデータに適用

セルフサービスによるデータと分析

セルフサービスによりIT担当者でなくても低コストで価値あるインサイトが得られます

対象に合わせて専門性を発揮

対象に合わせて専門性を発揮

他の誰でもない、お客様のためにプラットフォームと機能を構築します

ROIの迅速な達成

活性化につながる低コストのパイロット用データセットを見極め、確かな価値を生み出します

次のセクション:

IoTに対するテラデータのアプローチ

テラデータのアプローチ

成功を導く分析を、大規模に

テラデータのIoTスペシャリストが設計するIoTソリューションは、お客様のあらゆるデータに対して、いつでも高度で拡張性に優れた分析を提供します。 最初に取り組むのは、ビジネス上重要な情報からノイズを取り除くことです。 そのため、テラデータでは膨大なIoTデータを低コストのデータレイクに保存します。 次に、重要なセンサーデータをデータウェアハウスに送ります。データサイエンティストやデータアナリストは、モノのアナリティクス(AoT)を利用してそのデータからトレンドを見極めたりデータを解釈したりすることができます。 AoTは、IoTにおいて「思考」つまりIoTデータを分析する役割を担っており、この過程によってIoTデータは有意義で実用価値のあるものとなります。 企業はAoTがあるおかげで、デジタルの世界と物理的な世界との関係や、IoTを構成する多種多様で複雑なシステムを、より深く理解することができるということです。

テラデータにはIoT応用に関する豊富な経験と深い業界知識、さらには大規模で複雑な分析についての幅広い専門知識があるため、企業が連携を欠いたあるいは視野の狭いIoT分析プロジェクトから抜け出し、高度に統合されたビジネス主導のIoT運用に踏み出せるよう支援します。 テラデータのAoTエキスパートは以下のような要素に注力し、率先してコスト節減や運用効率の改善を推進して新しい収益源を見極めます。

戦略

戦略

ビジネスケースに基づくIoT戦略と分析ソリューション

スピード

スピード

迅速なパイロットおよびPoCの設計とデプロイ

スケール

スケール

継続的なデータの統合、共有および分析のためのエコシステム

分析

膨大な量のデータを解読するためにAoTを導入

可視化

運用技術とITとの分断を橋渡し

トランスフォーメーション

組織全体の変化を計画・推進

videocam
ビデオ
分析とデータで顧客の信頼を獲得し、社会を豊かに

STCはTeradata Unified Data Architecture™でデータ統合を進めることで、ロイヤルティプログラムによるデータの収益化に成功しました。これによって信頼関係を築き、60を超えるパートナーブランドへの導入と顧客エクスペリエンスの向上を同時に達成しています。

次のセクション:

IoT関連のリソース

関連リソース

IoTデータのビジネス活用に役立つインサイトと推奨情報

一歩先を行く企業では、すでにセンサーデータの中に眠っている価値や重要なインサイトを見つけ出し、それらを活用することで変革と収益力の強化を推し進めています。 今日の業界において壮大かつ大胆な思考を持つ企業から、最新のトレンドと未来のIoTについて学んでください。 流通業や金融サービス、ハイテク産業メーカーからエネルギー産業に至るまで、今やIoTのリーダーたちは効率的なIoTアプリケーションやソリューション、アーキテクチャ、そしてプラットフォームを活用して価値を生み出しています。 成功事例から学び、そこで得た知見を共有しましょう。

IoTの活用
ホワイトペーパーのダウンロード
content_copy
ホワイトペーパー
効率的なIoT活用によりビジネス成果を最大化

新たな課題の克服、新しい要件への対応、そしてIoTデータの収集や準備、分析のための既存アーキテクチャの拡張といったお客様が抱える問題に、テラデータがどのように貢献しているのか。Intelligent Business Strategies社のMike Ferguson が語ります。

ホワイトペーパーのダウンロード