format_quote Press Release

テラデータ、データサイエンス自動化ソリューションを提供するdotDataと協業

Share
2020年6月26日 | Tokyo

~MS&ADが顧客価値向上のために両社ソリューションを採用~

データ・アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・プロバイダーであるテラデータ・コーポレーションの日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋 倫二、以下、日本テラデータ)は本日、 データサイエンス活用の自動化ソリューションを提供するdotData, Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州、CEO:藤巻 遼平)がテラデータのパートナープログラム Teradata Partner Programに加入し、協業を促進することを発表します。dotDataは、AIを活用してデータサイエンス・プロセス全体を自動化し、従来数か月を要していたデータサイエンスのプロジェクトを数日で実現することが可能とするソフトウェア「AutoML 2.0プラットフォーム(以下AutoML 2.0)」を提供するISV(Independent Software Vendor)です。本協業により、テラデータの主力ソフトウェア製品であるTeradata Vantage(以下Vantage)がAutoML 2.0のデータソースに対応します。Vantageは企業がビジネス成果を獲得するために、すべてのデータにアクセスし、分析することを可能するデータ・アナリティクス基盤ソフトウェアです。両社ソリューションにより、企業はAIを活用したデータサイエンスに企業がもつすべてのデータを用いることで、短期間で簡易に分析を実行し、より精度が高いインサイトを獲得し、ビジネス課題を効果的に解決することが可能となります。すでに、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、社長:原 典之、以下「三井住友海上」)が両社ソリューションの採用を決定しました。
 
テラデータの主力プラットフォームであるVantageは、最新のデータ、アナリティクス技術に対応したモダンなDWHおよびデータレイクを実現するデータ・アナリティクス基盤ソフトウェアです。エンタープライズレベルのパフォーマンス、拡張性、可用性などを兼ね備え、企業が持つすべてのデータへアクセスし、あらゆる言語、ツールで分析できる単一プラットフォームをクラウド(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud PlatformまたはTeradata)、ハイブリッドクラウド、オンプレミスで実現します。データ・アナリティクス環境のサイロ化を解消し、分析エコシステムを簡素化することができます。
 
dotDataは、高度な予測分析を実現するBIダッシュボードやアプリケーションで使われるAIや機械学習モデル開発のプロセスを加速させるAutoML 2.0を提供しています。ローデータから特徴量設計、そして独自のAI技術で運用される機械学習の実装まで、データサイエンス・プロセスのライフサイクル全体を自動化します。これにより、BI開発者やデータエンジニアがAIや機械学習モデルをわずか数日で開発できるようになり、企業のデータサイエンスをスケーラブルかつ持続可能なものにし、誰もがデータサイエンスを実行できるようにします。
 
ビジネス成果を獲得するためには、データがどこに格納されているか意識することなく、すべてのデータをあたかも一つの環境に存在するように取り扱い、リアルタイムにアクセスし、組み合わせて分析を実行することが必要です。また、膨大なデータ、いわゆるビッグデータから新たなインサイトを導き出すには、AIやマシンラーニングを用いて今まで人が分析するだけでは得られないトレンドを把握したりすることが有用となります。同時に、データとアナリティクスの活用が企業内で普及していくにつれて、あらゆるリテラシーのユーザーのセルフサービスでアナリティクスを活用する需要増に対応しなければなりません。
 
テラデータとdotDataの協業は、こうしたニーズに応え、データをビジネス成果獲得に役立てたい企業にとって、有効な選択肢となります。MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 グループ CEO:柄澤 康喜)の傘下である三井住友海上火災保険株式会社は、顧客価値と自社製品サービス利用の最適化のためのデータサイエンス・プログラムにおいて、テラデータとdotDataの組み合わせで活用されています。
 
MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社 執行役員 グループCDO舩曵 真一郎 氏は、次のように述べています。「当社は、お客様から信頼され愛される企業を目指しており、競合を勝ち抜く手段のひとつとして、高度なデジタル技術を駆使しお客様のニーズにもっと応えていきたいと考えています。テラデータとdotDataの技術を兼ね備えたソリューションの導入することで、強力で合理化されたデータサイエンス・プラットフォームが実現し、弊社のデータサイエンスチームはデータサイエンスへの投資価値を最大化し、お客様により良い価値を提供することができます。
 
dotDataの創設者でありCEOでもある藤巻遼平氏は、次のように述べています。「テラデータとdotDataのプラットフォームの統合により、パートナー企業はdotDataのautoML 2.0プラットフォームでテラデータのインテリジェントデータソリューションの利点を活かし、自社のAIや機械学習モデルからさらに大きな価値を引き出すことができます。テラデータとの協業により、データサイエンス自動化がMS&ADの保険ビジネスに変革をもたらす一助となれば光栄です。」

dotDataについて
dotDataは、ビジネス・インテリジェンスの専門家がBIスタックや予測分析アプリケーションにAI / MLモデルを素早く容易に追加できる「AutoML 2.0」を開発しました。フォーチュン500を含む様々な企業がdotDataを活用して、機械学習やAI開発を加速させ、より高いビジネス価値を実現しています。dotDataの自動化されたデータサイエンス・プラットフォームは、AI / MLの中核であるデータサイエンス・プロセス全体を自動化することで、ROIを加速し、モデル開発の総コストを削減します。dotDataはビジネスのローデータを取り込み、独自のAIエンジンを活用して、有用な仮説パターンを自動検出し、リレーショナル・データ、トランザクション・データ、時間情報、空間情報、およびテキスト・データから機械学習に対応した特徴量テーブルを構築します。
詳細およびデモについては、dotData.comをご覧ください。
Media Kit 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
About Teradata 詳細はこちら