テラデータ、2017年第2四半期の業績を発表

2017年8月1日 | ATLANTA

[2017年7月27日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 
テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2017年度第2四半期の業績を7月27日(現地時間)に発表しました。
 
2017年度第2四半期の売上は、5億1,300万ドルでした。(前年同期:5億9,900万ドル、但し売却済のマーケティング・アプリケーション部門の売上3,500万ドルを含む)
 
米国会計基準に基づいた2017年度第2四半期の純損失は400万ドルで、希釈済み1株あたりマイナス0.03ドルでした。(前年同期比:純利益6,400万ドル、希釈済み1株あたり0.49ドル)
 
今期は、新しいサブスクリプション・ベースのソフトウェア・ライセンス・モデルを採用しTeradataのテクノロジーを導入する企業が予想以上に増え、ビジネス改革の勢いが増しています。
 
テラデータ・コーポレーションの社長 兼 CEOのビクター・ランドは次のように述べています。「現在、当社は、顧客企業のTeradata導入の選択肢をさらに拡充し、購入の容易さを高めて、当社と共に成長し続けて頂けるよう、将来に向けた環境を築く過程にあります。Teradata Eveywhereの戦略によって顧客企業は、オンプレミスとクラウドを組み合わせた柔軟なハイブリッド・エコシステム上に構築した新しいアナリティクスを活用できるようになっています。ソフトウェアのサブスクリプション・ライセンス・モデルは、予想よりも早く導入が進み、需要が伸びています。私は、テラデータの将来性についてますます自信を深めており、2017年から2018年に向けて、大幅な上昇の勢いを期待しています」
 
本プレスリリースの原文は Teradata News Room をご参照ください。
以上
 
# # #
◆ テラデータについて
テラデータは、顧客企業のビジネス成果を最大化する支援を行っています。ビジネス・アナリティクス・ソリューション、アーキテクチャ・コンサルティング、および業界をリードするビッグデータとアナリティクスのテクノロジーのポートフォリオが、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。
http://www.teradata.com/
 
* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
 

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る