Share
local_library
eブック

Teradata Magazine 2020:経営戦略にデータを活用するMUFG

経営戦略にデータを活用するMUFG​
データマネジメントを担うCDOが目指す”答え”とは

2014年10月に日本の金融機関で初めてデータマネジメントにおける最高責任者である「CDO(チーフ・データ・オフィサー)」を置き、データ活用を積極的に推進してきた三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)。同社は今、どのようなデータマネジメントの取り組みを行っているのだろうか? MUFGにおけるCDOの役割とデータマネジメントの重要性について、三菱UFJフィナンシャル・グループ 執行役員 グループCDO 兼 経営情報統括部長の安田裕司氏と、データマネジメントプラットフォームのリーディングカンパニーであるテラデータ・コーポレーションの日本法人で代表取締役社長を務める髙橋倫二氏の対談を通じ、その“答え”に迫る。
Teradata-Magazine-2020_MUFG.png
※本記事は、日本経済新聞 電子版広告特集として2020年1月に掲載されたものの転載です。  掲載されている内容、対談者の役職は当時のものとなります。