Share
collections
資料 (Brochures)

データサイエンティスト・レポート|予知メンテナンスの道

データサイエンティスト・レポート 

予知メンテナンスの道
製造業における大規模データの活用事例として、データを用いた不良パーツの検出や故障を予知したメンテナンスが挙げられます。「インダストリー4.0」としても取り上げられるこうした取り組みですが、導入時には既存データを用いた予測と結果を受けての設備投資というフィードバックループを回すことが求められ、その際には可視化が重要となります。

TDJP_DSD_Sanada001.png

レポートを読むにはこちら
本レポートは、イベント「Teradata Data Science Day 2018」のセッション内容をベースに構成されています。本セッション資料は、右のフォームよりダウンロードいただけます


日本テラデータ株式会社
データ・サイエンティスト
眞田 章広
東京大学情報理工学系研究科修士課程修了。Simplex Asset Managementを経て、2018年より現職