VANTAGE CUSTOMER EXPERIENCE (CX)

カスタマーエクスペリエンスの最適化は簡単ではありません。 多くの組織は、いろいろな箇所で発生するカスタマータッチポイントや部門をまたぐようなカスタマージャーニーをほとんど可視化できていません。そのため多数の顧客が感じている問題やタイミングを感知して対応できず、顧客とのコミュニケーションのための迅速かつ有意義なパーソナライズに苦労しています。 Vantage CXは、マーケティング担当者とCX担当者が、動的なカスタマーインタラクションに対応できるようにサポートします。

カスタマー360度ビューを備えたVantage CX

カスタマー360度ビュー

Vantage CXは、データの専門家とビジネス部門が競争するのではなく協力することを可能にし、これまではとらえどころのなかった顧客の360度ビューをとらえることが可能です。

顧客データから洞察まで

顧客データからインサイトまで

Vantage CXの使いやすく高度な分析により、企業が顧客の多くの問題点やタイミングを感知して対応できます。

洞察から行動へ

インサイトからアクションへ

Vantage CXのデジタルチャネル全体でスケーラブルなリアルタイム通信を運用することにより、最適なタイミングを見つけ出し、それらのインサイトを活性化する段階で生じる摩擦を軽減します。

  • 全体像の把握
  • 顧客に関するインサイト
  • インサイトからアクションへ
データマネジメントリーダー

Teradataは、DMSAのGartner 2019 Critical Capabilitiesレポートで4つのユースケースすべてで最高のスコアを獲得しました。

チャネル接続性

セルフサービスのデータ統合機能により、シチズンデータインテグレーターは迅速に新しいデータセットにアクセスして調査し、俊敏性を高めることができます。

コネクテッドID

Vantage CXを使用すると、ビジネスユーザーは新しいデータセットを既存の顧客情報にリンクして、統一された顧客プロファイルを作成できます。

ラボ

ビジネスユーザが個々の仮想サンドボックスにアクセスして、データ移動を減らし、ガバナンスとセキュリティを確保する方法でデータを保存および処理できます。

モデル

予測モデルを構築、トレーニング、評価、およびビジネス価値を最大化します。

パス

一連の行動とイベントを通じてカスタマージャーニーを理解します。

ワークフロー

分析ワークフローを迅速に自動化して、反復可能な運用可能なプロセスを作成します。

テキスト

テキストベースのデータで感情や傾向などのパターンを発見します。

クラスター

多数の変化する共通の特性に基づいて顧客を分類します。

実用的なインサイト

顧客のインサイトの動的な視覚化をポイントしてクリックするだけで、コミュニケーションやキャンペーンのために、特定のパスまたは特定された顧客を直接ターゲットにできます。

Channel Orchestration

カスタマージャーニーを構築し、オファーのランク付け、スコアリング、および仲裁を行い、オンラインおよびオフラインチャネル全体でシームレスにオーケストレーションします。

リアルタイムのパーソナライズ

瞬間のアクティビティデータをキャプチャし、AIと機械学習を適用して、リアルタイムの意思決定とパーソナライズのためにモデルをオンザフライで再計算します。

collections
パンフレット
消費者経済では、関連するリアルタイムのエクスペリエンスが差別化要因です

Vantage CXがどのようにデータを実用的なインサイトに変換しながらカスタマー360度ビューを獲得するかをご覧ください。

資料をダウンロード

顧客ニーズの予測: その方法とは?

Vantage CXへの準備はできましたか?

活用事例

デモを見る

すべてのタッチポイントにわたるカスタマージャーニーをつなげ、必要に応じて拡張します。
Vantage Customer Experienceで。

お問合せはこちら