Share
collections
資料 (Brochures)

DSD2018|Kyloで構築するDatalakeと分析環境:データラングリング

【Teradata Data Science Day 2018】

Kyloで構築するDatalakeと分析環境:データラングリング
オープンソースソフトウェアとして開発されているDatalake基盤であるKyloを活用した分析環境を紹介します。 Kyloを使ったData IngestionからData Wranglingによるデータ加工、そして分析までを説明します。 また、Kyloは、NiFiやHadoopなど他のオープンソースと連携して動作するツールになっているので、アーキテクチャなどのトピックについてもご紹介します。

日本テラデータ株式会社
シニア・データ・エンジニア
伊藤 真央
ウィスコンシン大学マディソン校 M.S (Department of Computer Sciences) 取得。卒業後、スタートアップ・ベンチャー企業を経て、フリーランスとして独立後、現職に至る。現在は、主にData Lake関連の構築支援プロジェクトに従事しています。