Share
collections
資料 (Brochures)

DSD2018|スコアリングモデルの与信管理、顧客離反などビジネス課題へのデータサイエンスの適用

【Teradata Data Science Day 2018】

スコアリングモデルの与信管理、顧客離反などビジネス課題へのデータサイエンスの適用 (Biz 2)
信用商品を販売している金融機関において、デフォルトリスク管理は避けて通れません。また昨今では、金融機関間の競争激化により、顧客獲得と共に収益性も重要な指標になっています。このような環境の中で、勝ち残るためには、信用リスク管理の高度化が重要です。本セッションでは、リスク管理を高度化するために必要となる、より精緻な損失予測、収益予測、顧客離反予測などをデータサイエンスで実現する方法についてご紹介します。

日本テラデータ株式会社
プリンシパル・データ・サイエンティスト
佐々木 研
ユタ州立大学MS(統計学修士)取得、米フェア・アイザック、SAS Japan、HSBC、豪DecTech Solutions、PwC Japanを経て、2018年より現職。金融ソリューション、AI、統計モデリングなどを担当。