format_quote プレスリリース

テラデータ、2016年第4四半期および2016年度通年の業績を発表

Share
2017年2月15日 |

[2017年2月9日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 

 米国ジョージア州アトランタ発 ― テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2016年度第4四半期および2016年度(期末:2016年12月31日)の業績を2月9日(現地時間)に発表しました。

 

 2016年度第4四半期の売上は6億2,600万ドル(発表後の為替の影響によるインパクトを含む)でした(前年同期:7億1,900万ドル、但し売却済のマーケティング・アプリケーション部門の売上を含む)。

 2016年度通期の売上は23億2,200万ドルでした(前年同期:25億3,000万ドル、但し売却済のマーケティング・アプリケーション部門の売上を含む)。

 

 米国会計基準に基づいた2016年度第4四半期の売上総利益率は50.3%でした(前年同期: 50.8%)。2016年度通期の売上総利益率は51.2%でした(前年同期:50.4%)。

 

 米国会計基準に基づいた2016年度第4四半期の純利益は5,800万ドルで、希釈済み1株あたり0.44ドルでした。(前年同期の純損益は4,900万ドルで、希釈済み1株あたりマイナス0.37ドル)2016年度通期の純利益は、1億2,500万ドルで、希釈済み1株あたり0.95ドルでした。(前年同期の純損失は2億1,400万ドル、希釈済み1株あたりマイナス1.53ドル)

 

 テラデータ・コーポレーションの社長 兼 CEOのビクター・ランドは次のように述べています。

「テラデータは、2017年度も戦略的改革を着実に実行してまいります。お客様からは、当社がお客様のニーズに、より的確に対応しアナリティクスからビジネス価値を生み出す支援を行っていることを評価いただいています。

 アナリティクス・ソリューションの選択肢を拡充し、イノベーション、専門性、信頼性を高め、お客様とのエンゲージメントを強めています。未だ改革途上ではありますが、当社は正しい方向に向かっており、ビッグデータ・アナリティクス・ソリューションやサービスへのグローバルな需要の伸びに対応できるよう着実に前進していると確信しています。」

 

本プレスリリースの原文は Teradata News Room をご参照ください。

以上

 

# # #

 

◆ テラデータについて

テラデータは、顧客企業の大きなビジネス成果獲得を支援しています。ビジネス分野のアナリティクス・ソリューションと、業界をリードするテクノロジー、アーキテクャの専門性とを合わせ、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。
http://www.teradata.com/

 

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

 

メディアキット 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
テラデータについて 詳細はこちら