詳細なハンズオン・ワークショップ

 

データサイエンスに関する集中型ハンズオン・バーチャル・ワークショップ(2時間半)にご参加ください。Teradata Vantage™により、お気に入りの分析ツール、言語、アルゴリズムを使用して、どのように答えを見い出し、問題を解決して、成果を加速することができるかをご覧ください。 

テラデータの分析およびデータサイエンスのエキスパートが、Vantage分析プラットフォームでの高度な分析手法をご紹介します。以下の目標を扱った実際の使用事例を示す明確なデータサイエンス・プロセスに従う実践的な経験ができます。

Jupyter(Python)など、予測モデルをもたらすオープンソースのクライアント・インターフェイスを使用したマシンラーニング機能を実装する

Vantage AnalystとAppCenterを使用してネイティブ・アプリケーションを作成し、インタラクティブな可視化を実現する

テラデータのネイティブおよびオープンソース言語サポート、エコシステム・ツールを含むツールの多様性、幅広いネイティブ分析機能のセットについて理解する

多様な分析的活用事例に対処するためのVantage実装の基礎的な理解を得る

ワークショップ日程

{{category.categoryName}}

chevron_right

アジェンダ

これらのワークショップは、シチズン・データサイエンティストとビジネスアナリストを主な対象者としています。ただし、プロのデータサイエンティストやデータ・エンジニアを含むデータ駆動型ペルソナも参加のメリットがあります。参加するために、特定のプログラミング言語やツールに関する知識は不要です。

 
時間 指導内容 分析
イベント開始30分前 導入:
  • 1日の期待事項、ロジスティクス
  • Vantageの概要と実践的な活用事例の概要
 
15分 Vantage AnalystとAppCenterを使用した顧客解約の分析と可視化 パスとパターン
35分 Vantage Analystを使用した顧客感情の分析と可視化 感情
10分

業界の使用事例(パート1/2)

 
25分 JupyterLabとPythonを使用したXGBoost予測モデルのトレーニング、スコアリング、評価

追加のモデリング手法の概要
予測モデリング
10分 業界の使用事例(パート2/2)  
10分 AppCenterを使用した協調フィルター・モデルの作成 予測モデリング/Affinity
15分 締めくくりとまとめ:
  • アンケート調査
  • 次のステップ
 


技術要件

このインタラクティブ・イベントに参加する前に、学習体験を向上させるため、次の項目をご確認ください。

Vantageハンズオンは、次の2つの技術を使用して配信されます。

  • インストラクターの表示:Webex Training Center 
  • ハンズオン:Learn-On-Demand Systemsを介した独自のVantage環境 

一般的な要件は次のとおりです。 

  • WindowsまたはApple互換のコンピュータ(現在、業務で使用しているものでよい)。
  • インターネット・アクセス
  • インターネット・ブラウザ
  • モニターを2台使用することをお勧めします(分割画面アクセス用。このセッションでのコーディング中にインストラクターを表示するため)。ただし、必須ではありません。 
  • WebExの詳細なシステム要件 
  • 接続評価テストと詳細な接続要件 


スポンサー

Intelロゴ