エネルギー&資源

多くの企業が適切なデータを適切な人に
届けたいと考えています

テラデータが解決する大きな課題

適切なデータを
適切な人に適切なタイミングで

適切なデータを適切な人に適切なタイミングで提供するなら、テラデータに任せるしかありません。テラデータは真に企業全体の統合されたデータアーキテクチャを構築し、アナリティクスをITにとどめず、市民アナリストの文化を作り上げます。

  • バリューチェーン全体でデータを収益化する方法を明確化

  • ビジネスに関連するすべてのコストを管理および削減する方法を明確化

  • 収益性を最大化するために資産、リソースを活用

  • 環境および法令遵守の枠組みに対する信頼性、回復力、安全性の確保

  • 競合予測および計画的メンテナンスのインサイトの獲得と産出、生産分析の開発

テラデータである理由

企業全体でデータを統合し
可能な限り低コストでデータを収集、照合 

大規模なエンタープライズアナリティクス実行の3つの条件

  • 選択した言語で実行可能なスケーラブルなデータサイエンスプラットフォーム
  • データがどこに由来するかに依存しない真のデータ統合
  • 可能な限り低コストでデータを取り込み、管理するためのデータレイク

テラデータの考えが第三者機関に高く評価されています:

ガートナーは、4つのデータ管理のユースケースカテゴリすべてにおいて、テラデータに最高のスコアを付与 (従来型、オペレーション型、論理型、コンテキスト独立型)

ケーススタディ

世界の有名企業がテラデータを信頼

Case Study

PG&E:IoTを活用し、デマンドサイドアナリティクスを実施

Video

Enedis:フランスおよび世界のエネルギー展開のデジタル化によるイノベーション

video

SCANA:データドリブンのビジネス価値の理解と達成

white paper

100年産業をアナリティクスで変革:リアルタイムのデータ取得と分析で安全な掘削を実現

すべての事例